HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



80年代のオシャレ漫画『To-y』、当時の音楽シーン描いた名作を振り返る



1:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:28:47
80年代の音楽シーン描いた不朽の名作『To-y』 作者が伝えようとしたメッセージとは?

1985年の春、ある革新的な音楽漫画の連載が『週刊少年サンデー』で始まった。上條淳士『To-y』である。

80年代半ばの音楽界といえば、メジャーシーンではアイドル黄金期、アンダーグラウンドではインディーズブーム(のちのバンドブーム)が起きつつあり、時代を象徴するその両極端なふたつの世界を、白黒のコントラストの強いスタイリッシュな画風で鮮烈に描いた同作は大ヒット。

昭和の旬なネタをふんだんに織り込んでいるにもかかわらず、いや、それゆえにというべきか、いずれにせよ、35年経ったいま読み返してみてもまったく古びていない。



中略

物語のクライマックス――トーイの渋谷公会堂でのコンサートをめぐる騒動を描き終えた上條は、前述の園子とは別のもうひとりのヒロイン、山田二矢(ニヤ)のトーイに向けたメッセージ、「ねえ、とおい、うたってる?」という言葉で 本作を締め括る。

これは物語の結末であると同時に、連載終了の1987年の時点で、上條が未来(いま)を生きる読者に向けて解き放ったメッセージでもあった。

中略

何があっても歌い続けること。それは、その後の上條の作家活動を見ていてもよくわかる。

たとえば、『To-y』の「完全版」が刊行された2015年前後から、カバー用のイラストだけでなく、個展の開催やグッズの販売に絡めて、上條は再び同作のキャラクターを少しずつ描き始めているが、厳しいいい方をさせてもらえば、現在の彼が描くトーイたちの絵には、かつての瑞々しさや荒々しさが生み出していたパンキッシュな迫力はない。

だが、さまざまな経験を積んだいまの上條にしか描くことのできない、芳醇な香りが漂う年代物の美酒のような色気がある。

そう、過去の一瞬の輝きに縛られることなく、かっこいいか悪いかなども関係なく、常に、いまできる最高のパフォーマンスを見せ続けること。それが、上條の考えるロックスピリッツであり、本作で読者に伝えようとした、「歌い続ける」という最大のテーマでありメッセージであった。

さて、前述のように今年は『To-y』の連載開始から35周年。コーチジャケットやTシャツ、EPサイズのポストカードといった新規のグッズ販売がすでに多くのファンを喜ばせているが、まだ詳しくは書けないが、さらに水面下で“ロックな”企画が進行中のようだ。PUNX NOT DEAD. 期待していていい、と思う。

https://realsound.jp/book/2020/04/post-535847.html


2:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:29:13
懐かしい
4:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:30:35
>>1
俺の記憶にあるTOーYと違うw
誰やこれ?w
19:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:35:24
>>1
やっぱこっちの絵じゃないとなぁ

5:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:31:10
TOーY、つい最近 急に読みたくなって中古で全巻揃えたよ。
あの頃の空気感が蘇ってきてワクワクした。
当時の歌番組や賞レースなど、いい時代だった。ニヤ可愛い。
6:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:31:28
哀川陽司w
8:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:31:51
気分はグルービー
42:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:55:45
To-yも好きだったけど、俺の中でバンド漫画の双璧は>>8と森脇真末味の「おんなのこ物語-ストーリー-」だわ。
番外で「コータローまかりとおる」のバンド編w
149:名無しさん:2020/04/10(金) 07:19:00
>>8
これのせいで煙草吸い始めた
11:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:32:54
子供だったから絵が苦手で読んで無かったな
12:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:32:55
「納期を守れない漫画家」というイメージしかないな。
エイトは全8巻の予定だったのに、休載続きで打ち切られちゃったからな。

漫画を描かなくなって、イラストレーター専業になってからは、
ちゃんと納期を守ってるんだろうけど。
13:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:32:57
BECKもそうだが、バンドもののマンガは音の代わりに斜線で熱さを表現するばかりだから内容が弱い
23:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:37:58
>>13
TO-Yのオリジナルビデオは
バービーボーイズやストリートスライダースの
音楽が効果的に使われてて良かった覚えがある
これを機会に再発売してほしい
25:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:38:46
>>23
NOKKOも入れてあげてください
22:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:37:09
女の子はアシというかコンビの女性が描いてんだよね。
そらーあのヒデローのファッションセンスは男には絶対無理だべや。
27:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:39:54
江口寿史と並ぶ描かない漫画家
SEXとか赤黒とかも雰囲気だけはいいんだけどなぁ
28:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:41:21
懐かしい
スタインバーガー?のベースが欲しかった
34:名無しさん:2020/04/09(木) 22:47:29.97 ID:vReRVTjJ0.net
>>28
ギターはモト冬樹が使ってたな。

全巻持ってるけど、気恥ずかしくて読み返すこともないな。当時の厨ニ病全開だった自分を思い出すw
29:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:43:27
一切セリフがない回とか面白かったな
43:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:56:30
レモンの勇気は名曲と言っておく。

46:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:59:22
>>43
ほんと、サイズは良かった
33:名無しさん:2020/04/09(木) 22:46:41.93 ID:ff2SZcLU0.net
ザ・雰囲気マンガ
36:名無しさん:2020/04/09(木) 22:49:01.37 ID:CIEyZp6h0.net
To-yのスマッシュヒットを受けて、
週刊少年ジャンプで始まった「プレゼントフロムレモン」はあっという間に打ち切られた。

39:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:54:02
俺的には音楽シーン描いた名作と言ったら
ウッド ストックも好きだったな?
あと風夏での名前忘れたけどBIGバンドの登場シーンも好きだった
とどめがデトロイトメタルシティー
44:名無しさん:2020/04/09(Thu) 22:57:46
音楽漫画か
愛してナイトもあったな
49:名無しさん:2020/04/09(Thu) 23:06:09
帯ギュの河合克敏アシスタントだった作品
50:名無しさん:2020/04/09(Thu) 23:10:12
哀川陽二がまんま吉川晃司でなぁ
吉川晃司追っかけしてた女子高生には涙モノの漫画だった
121:名無しさん:2020/04/10(金) 03:51:03.63 ID:p6tqvsMu0.net
>>50
そりゃ当時吉川は格好いい男の代名詞だったからね
98:名無しさん:2020/04/10(金) 00:46:42.55 ID:/k+N2+Eu0.net
吉川がニッポン放送でやってた番組に
上條がゲストに来てトーイを見ながら
「これ・・・僕ですよね?」
「は、はい・・・」
てなやり取りがあった
101:名無しさん:2020/04/10(金) 00:51:55.91 ID:aRcweglK0.net
吉川の方も当時は陽司のキャラを意識してやんちゃは自制してたとか何とか
110:名無しさん:2020/04/10(金) 01:22:10
>>101
To-yがGASPを抜ける最後の野音で
背中から客席に落ちるシーンがあるけど
当時アン・ルイスが野音で主催していたロックバンドとアイドルを組ませるイベントで
BOØWYと初めて会って共演した吉川が
完全再現してダイブしたことがあった
曲はLEVEL LEVELかDANCING IN THE STREETのカバーをやってるときだったと思う
BOØWYが最初の武道館をやる前の月だったな

客席に引きずりこまれた吉川がなかなかステージに戻ってこられず
上がったときには上着を半分脱がされてたw
145:名無しさん:2020/04/10(金) 06:48:04.84 ID:VS6iHZZL0.net
>>110
Level じゃなくて Rebel でしょーが!
53:名無しさん:2020/04/09(Thu) 23:15:01
>>1
この時代の音楽漫画
トーイからフォースピリッツの流れは神

75:名無しさん:2020/04/09(木) 23:47:11.54 ID:nF94pWUr0.net
>>53
4 SPIRITSはあの絵柄でも熱かったな
掲載誌がジャンプだったら

数年前に作られた帝王切開のライブTシャツを職場に着ていったら
さすがに取引先の人に引かれた
ゾンビランドサガのジャンパーにはツッコミ入らなかったのに
55:名無しさん:2020/04/09(Thu) 23:16:12
主人公が住んでたビル屋上の詰所みたいなとこ俺も住みたいと思ったわ。
59:名無しさん:2020/04/09(木) 23:21:35.65 ID:hhOsvlbF0.net
有ったなあ
ほとんど覚えてないけど尾崎っぽい感じがした
62:名無しさん:2020/04/09(Thu) 23:24:37
ウーロン茶が日本に出てきた頃。
71:名無しさん:2020/04/09(木) 23:42:29.50 ID:rz4z90J80.net
TOーYとなないろマジックだな。
90年代は星くずパラダイス。
73:名無しさん:2020/04/09(木) 23:45:12.16 ID:xuVlo2+g0.net
この漫画でシフォンケーキという存在を知った四十二歳です
兄貴が持ってた漫画なんだよね
76:名無しさん:2020/04/09(Thu) 23:52:27
これ好きだったなあ
78:名無しさん:2020/04/09(Thu) 23:59:56
ロックでオシャレな路線だったのに、バイクがTZRというのが違和感あった
アメリカンとかカフェレーサーとか色々あるだろうに、当時の平凡な走り屋小僧のバイク
79:名無しさん:2020/04/10(金) 00:03:00
>>78
この頃のアメリカンはダサくてキワモノ扱い
オシャレというよりスピード感エッジ感の時代。TZRでぴったりだよ
80:名無しさん:2020/04/10(金) 00:09:56.39 ID:ho5jsRyr0.net
作者そのもののファンだわ

あっちゃん好き
83:名無しさん:2020/04/10(金) 00:15:51
当時アルバム買ったわ
84:名無しさん:2020/04/10(金) 00:18:04
そんなメッセージ一切感じなかったな
まぁあの時代のオシャレ漫画だった
85:名無しさん:2020/04/10(金) 00:22:33
俺、POPEYEとかOliveとか見てたクチだけど
当時の雑誌のファッショングラビアを服もポーズも完全に真似て
顔だけニヤに変えて扉絵にしてたのを発見
胸に写真を洗濯バサミ?で留めるとこまで真似してた

いや、ツッコミたいぐらい好きだったんだよTo-y
90:名無しさん:2020/04/10(金) 00:32:56
懐かしいな全巻リアルタイムで買い続けた数少ないタイトルの一つ
93:名無しさん:2020/04/10(金) 00:40:38
面白かったなー
あのころは大人数アイドルとかいない時代
スターはスターだったから出来た漫画だな

80年代のオシャレ漫画『To-y』、当時の音楽シーン描いた名作を振り返る
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1586438927
関連記事

おすすめ記事

コメント

19730

懐かしい
80年代はこういう絵柄が凄くオシャレだったな
鈴木英人のイラスト思い出すわ

2020/04/10 (Fri) 21:40 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する