HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



今後、全ての創作作品が二番煎じって事になってくんだろうな



1:名無しさん:2019/05/23(木) 01:04:08.527 ID:j4+TA8dH0.net
既に使い古された設定と展開をどう調理するかってだけだもん
全く新しいフォーマットの物語って生まれないのかな
2:名無しさん:2019/05/23(木) 01:04:45.314 ID:WZLChWgN0.net
そろそろ核戦争で全て一回吹き飛んだほうがいいな
3:名無しさん:2019/05/23(木) 01:05:48.935 ID:6CoJYcND0.net
一番搾りの過去作あさるのに落ち着くよな
毎年深夜アニメを2本以上追ってる奴はアホ
4:名無しさん:2019/05/23(木) 01:05:50.678 ID:4qZgVzxVa.net
作品を設定と展開にしか分解できないど素人
6:名無しさん:2019/05/23(木) 01:09:38.372 ID:ydPT+z1q0.net
そうだとしてもそれを新世代の人が見たときは新鮮な物なんだよ
仮に50年前の作品の焼き直しでも知らなければ新しい物なんだから
7:名無しさん:2019/05/23(木) 01:09:53.397 ID:48UCJik30.net
1936年に発売された「風と共に去りぬ」でも
「このキャラ別な作品のパクリじゃね」
とか言われてたわけで昔から二番煎じとかパクリとか言われてるわけですよ
8:名無しさん:2019/05/23(木) 01:10:05.778 ID:4MZloJ9W0.net
>>1
こういうのたまに言う奴いるけどアホだと思うわ
1000年前の古典と最新の作品擦り合せてはい二番煎じ!とか言う奴いるか?
「今後」じゃなくて何百年も前から百番煎じだし、誰もそんなこと気にしても気付いてもいねえよ

あと、スマホみたいに時代ごとに新しく普及した技術をテーマにすればかなり変わってくるしな
9:名無しさん:2019/05/23(木) 01:10:34.883 ID:hrJL4/oM0.net
もう作品数が多すぎてオリジナルが作れないんじゃよ
11:名無しさん:2019/05/23(木) 01:16:46.398 ID:3FEG5JfY0.net
>>9
こういうこと言ってるけど具体的にどの作品は何が元になったのかは言えないんだろうな
12:名無しさん:2019/05/23(木) 01:18:56.761 ID:4qZgVzxVa.net
作品を設定と展開だけだと思ってるのほんと浅すぎるからな
17:名無しさん:2019/05/23(木) 01:29:19.813 ID:j4+TA8dH0.net
>>12
キャラや舞台設定の大切さは百も承知だよ
どの視点で撮るかで全く別な作品になるだろうとも思うし同じ設定でも新鮮な作品もある
でもどれも同じ展開の仕方に則っているわけでそれにとらわれない作品って生まれないのかな

うまく表現できないけどわかってほしい
24:名無しさん:2019/05/23(木) 01:37:08.004 ID:hrJL4/oM0.net
>>17
なんとなく理解できる
23:名無しさん:2019/05/23(木) 01:35:58.287 ID:4MZloJ9W0.net
>>17
設定と展開とキャラと舞台設定が箇条書きにして同じであってもまったく違う作品は創れると思うよ
まぁキャラはかなり本質に近い部分だから大事だけど

つか撮るってことは映像屋か?
例えばゼロ・グラビティなんてほぼ過去に例のないタイプの作品だよな
吃音症の王様が主人公の英国王のスピーチは魚眼レンズの演出だけでなく多くの点で新鮮だった

それでも過去にこういう似た作品がある、って持ち出してくるならちょっとよくわからないし、
もし自分が作る側なら自分にとっての「過去にない作品」を作ろうとする拘りはまぁ悪くはないんじゃね、原動力だし
観るだけなら、めんどくさいだけで特に意味のなさそうな拘りになるが
25:名無しさん:2019/05/23(木) 01:59:16.330 ID:j4+TA8dH0.net
>>23
極限状態から抜け出すって意味では洞窟ものなんかと近い気がするし全く新しいかというと、うーん

例えば、ウェルズのタイムマシン以降、時間旅行ってジャンルが確立されていった(それ以前にも近いものはあったけど)みたいに今後もジャンルが生まれていくのだろうか
あと、周囲が敵だと思いきや主人公が精神異常者だったっていう物語なんか今や当たり前だけど起源があるはずだろ?そういうこと

あと別に作り手ではないし、この話は映画に限らずアニメや小説だっていい
26:名無しさん:2019/05/23(木) 02:21:57.292 ID:4MZloJ9W0.net
>>25
そこに本当に価値を見い出した上で言っているんだろうか? っていうのが俺の疑問かな
俺は自分で創作をするし、だから自分が本気で拘りたい部分ならそこには何であれ拘る価値があると思う
創作をしないのだとしても、本気で読む、見るのであればそこに拘る価値はあるんだと思う

でも俺は、「構造の分類」というだけのことに魂が踊るほどの熱情や震えるほどの感傷を抱けるとは思えないし、そういう口振りにも今の所見えない
俺にとって作品の本質というのは媒体が映画、アニメ、小説、何であれその感動を生み出す核心であって、それには何一つ同じものはないと思える

だから、それは思いつきでちょっと気になってるだけの、どうでもいいことなんじゃないの? と思わざるをえない
でも、もしも本気で気になるのであれば、そういうことを趣味ででも何でも研究してみる価値はあるとも思うけどね

……ちなみに最近読んだweb漫画にまったく似たような話があって、それ自体は面白かったけど、
でもよく考えてみたらそれってどうでもいい部分なんじゃないの? それに創作者が悩まされるほどのものじゃないのでは?
と思ったので、俺自身は「型」の新規性に関しては否定派だな 分類したりするのには便利だけどね
https://l-v-l.com/tail/creation/creation.html
13:名無しさん:2019/05/23(木) 01:20:44.660 ID:j4+TA8dH0.net
例えば、訪れた館が曰く付きで怪奇現象が起こるが抜け出せないとか、友情に亀裂が入るもある事件がきっかけで友情を取り戻すとか、そういうフォーマットって何十年も前から確立してるじゃん
ホラーにしてもSFにしても、過去にない全く新しいプロットってないんだろうかっていうことが言いたい
19:名無しさん:2019/05/23(木) 01:31:23.323 ID:4MZloJ9W0.net
>>13
それはフォーマットじゃなくて要素な
ぶっちゃけそんなどうでもいい部分が新しい、過去にないなんて超どうでもいいことだと思うけど
むしろ何でそんな些細なことに興味があるのやら
16:名無しさん:2019/05/23(木) 01:26:55.918 ID:hPyLDuoM0.net
お前がクソガキの頃ワクワクした物語もそんとき30歳くらいのおっさんが二番煎じだとか愚痴ってたんだぞ
18:名無しさん:2019/05/23(木) 01:30:47.755 ID:/NBv9QMPa.net
こういうこと言う奴は仮に新しいのシナリオが出たとしても舞台が学校とか主人公の性別が同じだとかで過去にも似たようなのがあるとか言って難癖つけるだろうな
22:名無しさん:2019/05/23(木) 01:35:12.817 ID:fgjkKKlb0.net
>>1が二番煎じの作品にしか触れてないだけでは
イクニなんか20年アニメ作ってんのにいまだに一番搾りじゃん
21:名無しさん:2019/05/23(木) 01:33:44.856 ID:4i68srIk0.net
>>1は「生まれないのかな」って
聞いてるんじゃないかな
20:名無しさん:2019/05/23(木) 01:31:59.237 ID:hrJL4/oM0.net
二番煎じでもいいじゃない
と思う
15:名無しさん:2019/05/23(木) 01:23:32.835 ID:WRm8ykR60.net
このテーマは深い

今後、全ての創作作品が二番煎じって事になってくんだろうな
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1558541048
関連記事

おすすめ記事

コメント

19011

1の言いたいこと分かるけどな
何でキレ気味に否定する奴がいるのかわからないw

2020/02/18 (Tue) 08:01 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
19015

二番煎じとか文句言うのは一部のアンチと言うかクレーマーだけだろ
極論で言えば主人公が悪者を倒してハッピーエンドってストーリーならほとんどの作品に当てはまってしまう
撮影技術やCGは進化していくんだから撮り方、見せ方次第で王道の設定でも楽しめれば評価されるよ

2020/02/18 (Tue) 15:18 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する