HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



新海誠監督の作品の主人公やヒロインに親がいない2つの理由



1:名無しさん:2020/01/11(土) 10:04:38
新海誠監督が主人公やヒロインに親がいない設定にする2つの理由

2019年の報知映画賞では、アニメ作品賞に「天気の子」が選ばれた。


報知映画賞のアニメ作品賞を受賞した新海誠監督

同作を手がけた新海誠監督(46)、実は4作連続で「主人公やヒロインの親がいない」、もしくは「片親」という設定を取っている。

2011年の「星を追う子ども」、「言の葉の庭」(13年)では主人公の父親がおらず、「君の名は。」(16年)の主人公には母親がいない。「天気の子」(19年)ではヒロインの両親がいない。

その理由を監督本人に直接聞いてみた。新海監督によると、この設定には「2つの理由がある」のだという。

「そもそも日本のサブカルチャーの中で、片親設定はポピュラー。両親って思春期の自分の内部を描くに当たっては邪魔になるんです。だからテクニックとしてあえて描かないことがあります」。

技術的な理由とは別に、「メッセージ的な部分もある」と話す。

「親がいないとか、片方しかいないというのは必ずしも珍しいことではない。(親が)欠けている状態であると(あえて作品の中で)描きたくないというのもあります」

現代では家族形態も多様化し、「両親が当たり前にいる家庭」という固定概念化された家族像が崩れてきている。だからこそ、「両親がそろっているのが健全なのかも自明ではない。親がいないからって自分のコンプレックスとして感じて欲しくないと思っています」。

「天気の子」の主人公・森嶋帆高は家出をして上京してくるが、同作では家出の理由も、家庭の状況も一切描かれていない。

ヒロインの天野陽菜には両親がいないが、その事情は作品内でほとんど触れられていない。「現代の物語、少年少女の気持ちが未来に向かっている物語にしたかった」と思いをにじませた。

「(両親や家庭などに)フォーカスを当てることはしたくない。彼らは未来のことが気になって仕方なくて、今知り合った大切な誰かのことが気になって仕方なくて、先しか見てなくて、そのまま違う世界に行ってしまう物語にしたかった。現実でも若い人には前を向いていて欲しいです」

https://hochi.news/articles/20200110-OHT1T50048.html


4:名無しさん:2020/01/11(土) 10:07:21.38 ID:VRhBmkdQ0.net
エロゲと一緒や
537:名無しさん:2020/01/11(土) 17:06:07.02 ID:4XtwApPC0.net
>>4
高校生一人暮らしとかやり放題のフラグやな
5:名無しさん:2020/01/11(土) 10:09:39
エロゲ出身監督の作法
6:名無しさん:2020/01/11(土) 10:10:03
テクニックで描かないんじゃなくて
大人を描けないだけです
616:名無しさん:2020/01/12(日) 00:22:57.71 ID:57hJjJXb0.net
>>6
出来るかどうか別として、
出したらその分だけ尺・コストを割かないといけなくなるから出すだけで面倒が増える、コスパ悪くなるだろうな、とは思うよ
7:名無しさん:2020/01/11(土) 10:12:08.26 ID:JsDq+6OC0.net
単に両親のいる思春期を描けないってだけじゃないか
18:名無しさん:2020/01/11(土) 10:15:37.69 ID:3y5wuAMA0.net
>>7
それだよな
家族との関係がファンタジーな物語の足かせになるからって切り捨てると逆に人物が薄っぺらくなるだけなのに
303:名無しさん:2020/01/11(土) 13:03:30.53 ID:8zjr2uBi0.net
>>18
ラノベや漫画でも
親が死んだとか
親と離れて一人暮らしとかすごく多い
親との関係が入ると友情も恋愛も自己実現も数段難しくなるから

中高生が主役で良くも悪くも
親まで魅力なのが良作
118:名無しさん:2020/01/11(土) 11:20:50.40 ID:d8aoC7lZ0.net
主人公が親になるパターンは結構多いんだよな
長期化するから
124:名無しさん:2020/01/11(土) 11:24:52.67 ID:ioxjmVqx0.net
>>118

美味しんぼなんかそうだね
初期山岡の尖りっぷりが煮崩れたジャガイモみたいに
なっていくのが微笑ましい
17:名無しさん:2020/01/11(土) 10:15:26.24 ID:6u98EI9z0.net
1時間半から2時間の映画だから焦点を絞っておきたいっていうのも
あるんじゃないかと思う。

天気の子で言うならヒロインの弟がわりとすぐ主人公になつくのも弟が
シスコンこじらせて主人公に当たったりしていたら焦点がぼやけそうだし。

あれも入れたいこれも表現したいでてんこもりにしすぎて何がメインの
テーマなのか分かんない作品になるよりはるかに良い手法じゃないかと
46:名無しさん:2020/01/11(土) 10:32:59.74 ID:8JJ8gNhV0.net
>>17
わかるわかる。新海誠は引き算がうまいというか、テンポのスピードを上げるために余計な設定という荷物をぽんぽん排除してくれるから、そういう映画だと思えばすごく爽快に楽しめる
58:名無しさん:2020/01/11(土) 10:42:03.29 ID:UOyZVbZ10.net
>>17
そりゃあそうだよな
家族を描け~人間ドラマを~
なんて本当にやったら貧乏臭い邦画のようになるだけ
248:名無しさん:2020/01/11(土) 12:42:04.22 ID:5CtEhoJW0.net
>>17
入門用の間口としてはありだね
そこに停滞して次に行かないことおじは周りからおいて枯れるだけ
19:名無しさん:2020/01/11(土) 10:15:56.49 ID:2pPkS5fQ0.net
いやでも両親揃ってるほうが全然多いけどね
20:名無しさん:2020/01/11(土) 10:16:17.53 ID:p5DkAUh40.net
そういうのを言い訳にしてもテクニックって言ってほしくないね
29:名無しさん:2020/01/11(土) 10:23:34.28 ID:ioxjmVqx0.net
>両親って思春期の自分の内部を描くに当たっては邪魔になるんです。

そらまあ、「誰がメシを食わしてやってると思ってるんだ」で一蹴だからな
でもそこでどう描くかが腕の見せ所なんじゃないかとも
197:名無しさん:2020/01/11(土) 12:15:29.97 ID:HdWKUR3j0.net
>>29
ホームドラマで無い限り普通は描かないだろ
36:名無しさん:2020/01/11(土) 10:27:37.04 ID:6yO98fUU0.net
>>29
ま、新海は、高校に引き篭もって、一歩も外に出た事がないような話ばっかだからな

小汚い大人の世界は描きたくないんだろw
47:名無しさん:2020/01/11(土) 10:33:29.64 ID:6u98EI9z0.net
>>36
前作の主人公が都内の進学校に通って友人にも恵まれて放課後は
バイトに精を出してetcとわりとリア充だった件について。つか言の葉
の主人公だってサボり魔だったけど引きこもってはいないぞ?
56:名無しさん:2020/01/11(土) 10:40:58.25 ID:6yO98fUU0.net
>>47
生活が引き篭もりなんじゃなくて
精神的に格別の成長が見られないってこと

ま、それが「若さゆえの~」「モラトリアム」という少年期の現象で
メシの心配をしないで、アホなことにうつつを抜かせる人生における最後のチャンスなわけで

成長っていうと聞こえがいいけど、小汚い大人になることだからねw
190:名無しさん:2020/01/11(土) 12:07:20.04 ID:rQ5C0iNf0.net
>>29
ジブリなんかでもけっこう親がドラマにでてこないは多いぞ
これは思春期の主人公が社会性を獲得する物語という事で
わからんでもないんだけど、でないと庇護された物語が
家族の葛藤の物語になっちゃう

問題なのは、存在はしてるけど空気のように不在という物語
これは扱いそこねるとすごい気持ち悪い物語になっちゃう
194:名無しさん:2020/01/11(土) 12:14:07.00 ID:ioxjmVqx0.net
>>190

あと「主人公に都合のよすぎるメンター(助言者)」ね
これがいないと物語って進まないんだけど
宮崎作品ってそこらへんの出し方は上手いね
みんな腹にイチモツ持ちつつ主人公を導く感じが
35:名無しさん:2020/01/11(土) 10:27:21.66 ID:NStY5WYy0.net
宮崎作品の特徴は母親の不在

たいてい孤児。
母親がいても、入院してたり、豚になったり、敵のスパイだったり、
子供とタメ口の変な関係だったり

魔女宅も、魔力がなくなった一番つらいときでさえ頼ろうとしない
521:名無しさん:2020/01/11(土) 16:01:30.67 ID:ZllrYf3i0.net
>>35
駿が小学生の時に母親が入院して割りと家の事を早くからやらされていたらしい
さつきがやっていたような家事を
さつきやシータは駿の女性版の分身かも
59:名無しさん:2020/01/11(土) 10:42:12.22 ID:xHhlj4nL0.net
千と千尋の母親の冷たい対応
34:名無しさん:2020/01/11(土) 10:27:15.66 ID:8Lic6Z4L0.net
別に新海だけの特徴じゃないだろ
エロゲの主人公で両親と同居している奴なんて滅多にいない
そもそもがリアリティ無視して話作っているんだから
細かいこと気にしてもしょうがないしw
38:名無しさん:2020/01/11(土) 10:29:58.95 ID:qdJWyx560.net
単にロリコンでジジババを描きたくないだけだろこいつはw
アニヲタ特有の思考だよ
39:名無しさん:2020/01/11(土) 10:30:17.99 ID:TdZWb9ih0.net
現実から逃げている。
現実から逃げたい日本人が多いから新海が売れている。
41:名無しさん:2020/01/11(土) 10:30:32.54 ID:cmlmvylJ0.net
めちゃくちゃな事をする人間にはそれなりの環境が必要だから不幸を背負わせる必要があるんだろ
まともな両親の幸せな家庭の子ならやらないような事をさせてるからな
動機が必要なので手っ取り早い設定
48:名無しさん:2020/01/11(土) 10:33:42.81 ID:q40YmsZr0.net
いや普通に進行上メンドクセからやん?
なんか天変地異あったら家族の心配するやろ普通は
それが物語で邪魔なだけや
49:名無しさん:2020/01/11(土) 10:34:04.83 ID:Z7gCtJfb0.net
ディズニーアニメもそうじゃね
57:名無しさん:2020/01/11(土) 10:41:36.21 ID:aEq4CF6x0.net
>>49
ディズニーは親とか兄弟とか必ず出てくるよ
向こうは家族感大事なんじゃない?
50:名無しさん:2020/01/11(土) 10:34:33.65 ID:Hh4/dMQh0.net
オタクアニメの特徴だな
60:名無しさん:2020/01/11(土) 10:42:19.07 ID:i0pplhPC0.net
宮崎駿も同じこと言ってたよ
ラピュタナウシカコナンみんな親とは関わらない

人の成長には親は不要
つまり、こどおじが何故ダメなのか
52:名無しさん:2020/01/11(土) 10:37:24
サザエさん、ドラえもん、ちびまる子、クレしん、あたしんちとアニメで色んなタイプの家族構成見てきたけど
ゴールデンでやる新しいメジャーなファミリーアニメってどんどん作られなくなってるから
今の時代の家族のイメージっていまいち人によってばらつきがあると思うんだよね
64:名無しさん:2020/01/11(土) 10:45:44.65 ID:O2Pp3ehG0.net
冨野監督のように問題がありすぎる親が出てくると、話が富野節になる。
66:名無しさん:2020/01/11(土) 10:46:14.85 ID:7WHTUfUL0.net
家族の表現に力入れた結果、細田の映画はキモい母親像になったりしてるから
描かないのは正解かもしれない
73:名無しさん:2020/01/11(土) 10:50:18.25 ID:5MeuTfyz0.net
親を描くと家族の物語にひっぱられちゃうからな。

高校生だと事件が起きたとき親が介入してこないと不自然。自然に個人の物語にするには大学生くらいにする必要がある。
だから高校生を使いたい時は何かを無視するのが手っ取り早い。
89:名無しさん:2020/01/11(土) 10:58:13.10 ID:anQUylUj0.net
親を前面に出すと、ターゲットの思春期世代に不評だと思うんだけどな
85:名無しさん:2020/01/11(土) 10:54:41.29 ID:YK+9hQPh0.net
少年少女の恋愛ものに親が登場する方がおかしい

新海誠監督の作品の主人公やヒロインに親がいない2つの理由
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1578704678
関連記事

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する