HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



アニソン界のレジェンド・串田アキラさん、歌手人生50年を振り返る



1:名無しさん:2019/12/07(土) 14:39:49.80 ID:7FMr6nIF9.net
串田アキラ、デビューから50年を振り返る「挫折するのは好きな気持ちが足りないってこと」【インタビュー】

金髪に黒いレザーの衣装がトレードマーク。ヒーローソングとアニメソングのレジェンド・串田アキラさん。1969年にレコードデビューし、今年でなんと歌手生活50周年を迎えた。

『宇宙刑事ギャバン』『キン肉マン』『爆竜戦隊アバレンジャー』などのテーマソングで知られ、誰もが一度は聴いたことのある曲を数多く持つ串田さんだが、その生い立ちを知らない人はまだ多いかもしれない。

そこで、ベストアルバムのリリースやアニバーサリーライブ開催に沸くこのタイミングでインタビュー。デビューの経緯や思い出に残る出来事などを語ってもらった。

[取材・構成=松本まゆげ/取材・構成=小原聡太]

■音楽にのめり込んだ少年時代

――このたびは、50周年おめでとうございます。この機会に、デビュー前後のお話も伺えればと思っています。そもそも、デビューするかなり前から音楽が好きだったとか。

串田:ええ、中学生のころからですかね。

ジョニー・ディアフィールドの「悲しき少年兵」を買って聴いてみたり、ささきいさおさんのロカビリーに触れてみたりして、「いいな、こういうのを歌えるようになれたらな」とどんどん興味を引かれていきました。

あとは米軍のベースキャンプにもよく行っていましたね。そこでの影響も大きいと思います。周辺には外国人向けのクラブなんかもあったんですよ。

――そこに出入りを?

串田:はい。そういうクラブでは毎日夕方から朝まで4つのバンドが交代でステージに立っていたんですが、ずっと観ていました。

まあカッコいいんですよ。なんて楽しい場所なんだと思っていましたね。中学生は行っちゃいけないとこだったんですけど(笑)、友だちの兄貴が演奏しているからって理由をつけて通っていました。

そうしてまずは、一番カッコいいと思ったドラムからはじめたんです。ドラム教室に通いはじめて、初日の帰り道にドラムセットを注文して。


――すごい行動力ですね。

串田:クラブみたいな楽しい場所にずっといるには、自分たちでバンドを組んで出演者になるのが一番手っ取り早かったんです。そうしたら自由に出入りできるじゃないですか。

メンバーも早々に揃ったので、勉強がてら演奏していました。当時は座間あたりに行っていたと思います。

――串田さんの地元の横浜市周辺は、アメリカの文化にも触れやすかったでしょうね。

串田:それにタイミングも良かったですね。本国からもいろんなバンドや歌手が来ていて、すごいなって影響を受けてばかりで。その頃には「将来音楽の世界に入りたい、絶対にプロになってやる」って思っていました。

――それ以前になりたかったものってあるんですか?

串田:いや、本当に何も考えていなかったです。音楽に出会う前は、オートバイが好きで、当時は14歳になると許可証を貰えて、それがあればスーパーカブに乗れたんです。

4月に14歳になっていた友だちはすぐにもらっていて乗っていたから、「僕も早く欲しい!」って思っていたんです。
だけど、僕が14歳になる誕生月(10月)からその制度がなくなって(笑)。

――すごいタイミングですね!

串田:そうそう(笑)。だから「ああそうか、バイクは駄目なんだ」って思ったんです。

――その反動で音楽の道に。

串田:そうですね。そのあとすぐ音楽にのめり込んでいきました。ドラムもすごく楽しかった。

だけど、ステージでは一番奥じゃないですか。目立たないんですよ! お客さんとしてみていた頃はドラムが目立って見えたんですけどね(笑)。

だから、だんだん前に出る方法を模索するようになりました。ギターを覚えたり、ドラムを叩きながら歌ったりしていましたね。

(※続きはソースで)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000005-anmanmv-ent


3:名無しさん:2019/12/07(土) 14:41:11.77 ID:zruP2xgp0.net
何歳よ
57:名無しさん:2019/12/07(土) 16:04:34
>>3
確か、73歳じゃなかったかな。
8:名無しさん:2019/12/07(土) 14:43:14.57 ID:Kh4NVgbf0.net
>>1
アバレンジャーが入ってザブングルが入らない意味が
分からない

これ書いたのゆとりか?
50:名無しさん:2019/12/07(土) 15:57:15
>>8
だな。

OPもいいが白眉なのはED

♪命あったら 語ろう真実 乾いた大地は 心痩せさせる・・・
64:名無しさん:2019/12/07(土) 16:09:33
>>50
ハゲの作詞センスよ
108:名無しさん:2019/12/07(土) 18:18:36.37 ID:HMQi+fNh0.net
>>8
コロムビアから出すベストアルバムの宣伝なんだから、キングレコードのザブングルの名前は記事に出しちゃいけない。
レコード会社ってそういうのうるさいからな。
17:名無しさん:2019/12/07(土) 14:55:35.58 ID:X+PdiN7Y0.net
うたえもんの時代は声出てなかったよね。
スランプだったのか体調悪かったのかたまたまだったのか分からないけど
そこからあっつー間に復活して再度波に乗れたのはすごかった
21:名無しさん:2019/12/07(土) 15:00:52.75 ID:EBgZkV8F0.net
声に特徴があって勿論上手い人が減ったよアニメ特撮主題歌業界も
29:名無しさん:2019/12/07(土) 15:28:33.59 ID:cl7ri4i80.net
週刊誌で風俗店紹介してる漫画家だろ?って思ったら全然違ってた
80:名無しさん:2019/12/07(土) 16:36:08.11 ID:kzVw1oDG0.net
>>29
成田アキラ
39:名無しさん:2019/12/07(土) 15:44:17.57 ID:7bJizsMu0.net
この人も、最初はやはり
普通の歌手として
売れたかったんだろうな。

所が、鳴かず飛ばずで
アニメや特撮の歌しか
仕事が来ないんだから
腐りもしたろうな。

売れてなくても
業界には残ったおかげで
後に有名になるパターンは
声優と一緒やね。
42:名無しさん:2019/12/07(土) 15:46:33
演歌かアニメ&特ソンでないと何十年も同じ歌で食っていけないからな
特に80年代の串田アキラは凄かった
俺の一番好きなアニメが戦闘メカザブングルでスーパー戦隊がサンバルカンだから贔屓目もあるかもしれないが
152:名無しさん:2019/12/08(日) 01:39:27
>>42
同年代だなぁ
47:名無しさん:2019/12/07(土) 15:52:59.04 ID:Z5lFiBWk0.net
タイアップ曲はコンテンツとしてパッケーされて世界中に輸出されてるから
ワールドワイドでの知名度がすごいんだよな。
当時歌ってた人はアメリカ行ったりヨーロッパ行ったりと忙しいらしい。
58:名無しさん:2019/12/07(土) 16:05:20.96 ID:7iVI2d4N0.net
ベスト見てみたらハリケンジャーのWIND & THUNDERが入ってないんだな…
名曲だと思うんだけど
70:名無しさん:2019/12/07(土) 16:17:34.76 ID:LJsDVmCi0.net
ウィキにはデビュー曲だののアニメ特撮関係ない曲は全部割愛されてるのな
このインタビューもそうだがデビューからアニソンに手を出すまでの10年何があったのかね
72:名無しさん:2019/12/07(土) 16:20:48
子供のころ、ギャバンの歌はギャバンの人が歌ってると思った
串田アキラだった
82:名無しさん:2019/12/07(土) 16:44:33.08 ID:3V4eFmJC0.net
若いわ、73には見えないね
にんにく卵黄のCMに出て来そう
100:名無しさん:2019/12/07(土) 17:34:50
ギャバンの挿入歌は名曲が多い
渡辺宙明先生と串田アキラの組み合わせは最強。
104:名無しさん:2019/12/07(土) 17:53:28.21 ID:EILIflDP0.net
ザブングルとキン肉マンしか知らんな。
112:名無しさん:2019/12/07(土) 18:27:53.39 ID:FQQ7V/a70.net
子供の頃から特撮物の殆どの主題歌歌ってたイメージ
106:名無しさん:2019/12/07(土) 18:07:08.35 ID:EEydoqsg0.net
毎年串田アキラってか串田さんじゃないとガッカリした子供時代
127:名無しさん:2019/12/07(土) 19:38:26
子門真人さんをまた見たい
138:名無しさん:2019/12/07(土) 22:05:17
ザブングル歌ってた串田が未だ現役…恐ろしいw
140:名無しさん:2019/12/07(土) 22:13:55.53 ID:0iCe/7Ok0.net
ゲッターロボ歌ってたささきいさおも今も現役
145:名無しさん:2019/12/07(土) 22:55:57.14 ID:DvoFfpER0.net
>>1
>1969年にレコードデビューし、今年でなんと歌手生活50周年
>串田アキラ

好きな音楽がいっぱいの楽しい音楽人生だなあ

アニソン界のレジェンド・串田アキラさん、歌手人生50年を振り返る
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575697189
関連記事

おすすめ記事

コメント

18093

ネタかと思ったらガチで73歳なのか
若いなあ

2019/12/08 (Sun) 19:09 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する