HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【みつばちマーヤの冒険】世界的認知度はハッチより上!?3DCG映画も米で公開




【☞みつばちマーヤの冒険

『みつばちマーヤの冒険』(みつばちマーヤのぼうけん)は、ドイツの作家ワルデマル・ボンゼルス著の児童文学作品。また、同作を原作として日本で制作されたテレビアニメ。1975年より日本及び、44カ国語に吹き替えられ世界各国で放映された。

■原作
ハンブルク生まれの作家、児童文学者のワルデマル・ボンゼルスが1912年に発表した『みつばちマーヤの冒険』(原題:Die Biene Maja und ihre Abenteuer、直訳すると『みつばちマーヤとその冒険』)が原作。

■ストーリー
とある古城の下にみつばちの巣(お城)があった。そこで生まれ育ったマーヤはやがて、外の世界に出てみたいと思いが生まれてきたのだった。彼女は、毎日毎日同じ事の繰り返しのお城での生活が、馴染めないのだった。ある日マーヤは、隙をついて逃げ出し親友のウイリーと一緒に外の世界で生活していくことに。バッタのフィリップとの出会い、自然の中で繰り広げられる騒動などいろいろな事を通してマーヤとウイリーは、一歩ずつ成長してゆく…。やがて、自分のお城へ帰るときが来るのであった。

みつばちマーヤ、内容ほとんど覚えてませんが、「►みなしごハッチ」と並んで、有名なアニメですよね。
ただ、「みなしごハッチ」が、「みつばちハッチ」と言われる事はあっても、「みなしごマーヤ」は聞かないよね(^^;
あっ、ちなみに、2010年の劇場版「みなしごハッチ」は、「みつばちハッチ」です。

ところで、マーヤ。
世界44カ国で放送されていたんですね。
これは、凄い!
そんな世界的に展開していたアニメだったなんて知らなかったなぁ。

そして、もう1つ驚いた事。
それは・・・

マーヤって女の子だったのかぁΣ(゚Д゚)!

と言うかメス、だったのか・・・

何を今更、と思われるかもしれませんが、アニメの記憶ほとんどないし・・・
いや、まぁ、「マーヤ」って名前、確かに女性っぽいけどね・・・
今まで性別を意識した事が無かったというか、男の子が冒険してるって思い込んでたなぁ。

そもそも、キャラクターだって、こんなんだし。

mitsubachi-maya1.jpg

あえて、見た目では性別がはっきり分からない中性的なキャラにした、とかありそうじゃね?
冒険に出るような女の子なので、ちょっと男の子っぽい風貌にしたとか。
ミツバチだから、オス/メスが分からないような風貌にしたとか。

はい、そんなマーヤ。
テレビアニメとしては、2作、放送されています。

■みつばちマーヤの冒険
放送期間:1975年4月1日~1976年4月20日(全52話)
放送時間:NET(現:テレビ朝日)系列 毎週火曜日19:30~20:00
監督は当初、遠藤政治が担当していたが共同制作していた海外のテレビ局からクレームが付き降板している。
後を引き継いだのが『トムソーヤーの冒険』、『牧場の少女カトリ』の斉藤博。

たぶん、みつばちマーヤと言えば、こっちを思いつくんじゃないでしょうか?
それでは、オープニング、行ってみましょう。


ミツバチマーヤの冒険 OP



オープニングの歌はめっちゃ覚えてるなぁ。
歌詞に「ちびすけ」ってあるけど、これって、普通、男の子に使うもんじゃね?
「おちびちゃん」とかなら、男女どっちでも良いけどさ。

まぁ、細かい事は良いとして・・・
エンディング、行ってみましょう。


ミツバチマーヤの冒険 ED



エンディングも懐かしいですね。
オープニング、エンディング、共に歌っているのは、チータこと「水前寺清子
アニメ中のクレジットでは、「チータとみつばち合唱団」になっています。
ちなみに、愛称の「チータ」は、「小さい民(たみ)ちゃん」、から取ったものです、知ってました?
水前寺清子の本名は「林田 民子」で、小柄だったから。
また1つ生活に何の役も立たない無駄知識が増えましたねv(゚-^*)

はい、話を元に戻して。

続いて、2作目「新みつばちマーヤの冒険」です。

■新みつばちマーヤの冒険
放送期間:1982年10月12日~1983年9月27日(全52話)
放送時間:テレビ東京系 毎週火曜日19:30~20:00
前作の続編にあたるが、ストーリーとしては全くのオリジナルである。
新キャラであるねずみのマウシィを加えてマーヤたちが暮らす森のなかでの出来事や騒ぎを描いている。
またフンコロガシが作っているのが糞玉でなく泥玉だったり、「弱肉強食」の代表のような存在であった蜘蛛のテクラですら森の仲間として暮らしているなど、原作および前作アニメに存在していた「自然界の厳しさ」はなりを潜めている。

「新」マーヤ、なぜか、テレビでやっていた記憶がないんだよなぁ。
82、3年と言えば、もうバリバリ、テレビを見ていた年代、たぶん一番アニメを見ていた頃なんですけど。

と、思ってよく考えたら、「テレ東」系か・・・
地方の更に超ド田舎に住んでたので、無理・・・ん?
でも、放送局確認したら、テレ東関係ない(^^;
一応、うちの地域の放送局でもやってたようですね。
何で見てなかったんだろう。

まぁ、いいや、とりあえずオープニング、エンディング・・・
と、行きたいところですが、新みつばちマーヤのOP、EDは、前作と全く同じなんですね。
ただ、歌っているのがチータから「二科惠子」に代わっただけ。
(正確には、二科惠子とクラウン少女合唱団

一応、新・旧の詰め合わせ動画があったので、貼っておきますね。
「新」の方は、2:08あたりから始まります。



ところで、マーヤは、最初に書いた通り世界44カ国で放映されているアニメ。
ワールドワイドに知名度があるんですね。
海外では、つい最近でも、新しいマーヤが製作されています。

2012年には、ベルギーで3DGCのテレビアニメが製作されています。
1話あたり13分の短編アニメで、全104回放送。

「みつばちマーヤ」(2012年 ベルギー)
mitsubachi-maya-3dcg.jpg

これは、日本のアニメのリメイクみたいです。
キャラクターは、ほぼ同じですし、また、アニメと同じようなシーンの画像が見つかります。
これだけ見る限り、結構、アニメ忠実にリメイクされてるのかな?

アニメ版
mitsubachi-maya-scene1.jpg

3DCG版
mitsubachi-maya-3dcg2.jpg


アニメ版
mitsubachi-maya-scene2.jpg

3DCG版
mitsubachi-maya-3dcg3.jpg


さらに、この3DCGアニメ。
今年(2015年)、映画にもなったみたいですよ!

mitsubachi-maya-movie.jpg

これは、ドイツとオーストリアの共同製作で、タイトル「MAYA THE BEE MOVIE
2015年5月からアメリカで公開されているようです。

MAYA THE BEE MOVIE トレーラー


残念ながら、今の所、日本での公開は予定されていないみたいですが。
もし、機会があれば、ぜひ見てみたいですね。

と、未だに、世界中で愛されるマーヤ。
まぁ、ドイツ人の児童文学作家の作品が原作なので、特にヨーロッパでは、受け入れやすい内容なのかもしれません。
ただ、世界的にマーヤのキャラクターを定着させたのは、日本のアニメなわけですから、やっぱり凄いですね。
これからも、原作共々、長く愛される作品であって欲しいです。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております
【みつばちマーヤの冒険】
世界的認知度はハッチより上!?3DCG映画も米で公開
関連記事
スポンサーサイト

おすすめ記事

コメント

186

自分も旧の方は再放送とかで見たことあるけど
新の方は記憶にないなあ
再放送もみたことないし

2015/09/01 (Tue) 19:22 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
187

新は再放送も少ないし、レンタル化していないよね
でも 見たところで全然おもしろくない
旧のおもしろさを再認識するだけ

2015/09/01 (Tue) 21:17 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
190

新の方は、蜘蛛も怖くなくなったし、牧場みたいな所でのびのびやってるのに
タイトルが冒険とか(笑)

2015/09/01 (Tue) 23:12 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
191

マーヤ(旧)のDVDBOX持ってる
映像の荒さや古さは否めないけど、やっぱりおもしろい
ハッチよりマーヤが好き

2015/09/02 (Wed) 19:28 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
522

水前寺清子さんのOPがいいね。

2015/11/02 (Mon) 22:34 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する