HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



豊臣秀吉の新たな書状発見!切腹直前の秀次の息子を「要職に」



1:名無しさん:2019/08/19(月) 09:41:03.64 ID:f3h1AI9I9.net
新たな書状発見 豊臣秀吉 切腹直前の秀次の息子を「要職に」

豊臣秀吉が、養子の秀次が切腹する3か月ほど前に、その息子を要職に就かせると発言していたことを示す書状が新たに見つかりました。

秀吉は、実子の秀頼が生まれたことで秀次と不仲になったというのが通説ですが、調査にあたった専門家は「秀吉が簡単に秀次一家を潰そうとしていなかったことを示す意味のある発見だ」と指摘しています。

この書状は、東京大学史料編纂所に未調査のまま保管され、村井祐樹准教授が調査を進めました。

その結果、文禄4年(1595年)に豊臣秀吉の側近、木下吉隆が毛利輝元に送った書状と判断され、この中に、豊臣秀次の息子を今の奈良県にあたる大和の国主にするという秀吉の発言が記されていたということです。



秀次は、跡継ぎのいなかった秀吉の養子になったあと、関白の職についていましたが、この書状が書かれた3か月ほどあとに謹慎させられ切腹し、妻や子どもも処刑されました。

村井准教授によりますと、秀吉と秀次は、この2年前に秀吉の実子、秀頼が生まれたことをきっかけに不仲になったというのが通説ですが、最近は、秀次の謹慎の直前まで関係が悪化していなかったとする研究もあるということです。

村井准教授は「豊臣家に人がいなくなってしまうと滅亡につながってしまうので、秀吉は簡単に秀次一家を潰そうとはしていなかったのではないか。京都に次いで大切な大和の地を豊臣家の一員に任せようと考えていたことも分かり、今回の書状はかなり重要な、意味のある発見だ」と指摘しています。

■書状に「母者」 関係の近さ うかがわせる

今回の調査では、秀吉が自分の母親のことを「母者」と記した珍しい書状も確認されました。

この書状は、花押や印はないものの、紙の質が当時のものと一致することなどから、天正13年、西暦の1585年に秀吉が弟の秀長に宛てたものと判断されました。

本能寺の変のあと、小牧・長久手の戦いの直後に書かれ、敵方だった織田信長の次男、信雄が夫人たちを大坂に連れてくると記したうえで、秀長に「お前の家を修築して滞在させておけ」と命じています。

そのうえで「もし調度品がそろっていなければ、一時的に『母者』のところに滞在させるように」とも記しています。

調査にあたった村井准教授によりますと、秀吉が母親のことを「母者」と表現している書状が見つかったのは今回が初めてで、母や弟との関係の近さがうかがえるとしています。

村井准教授は「秀吉が天下を取る前の、まだいろいろなことが官僚化されていないなかで、自分の手回りでやりくりしている様子がうかがえる。秀吉の私的な部分がうかがえる文書で、うちうちの書状はあまり残らないので、そういった意味でも珍しく貴重だ」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190819/k10012040091000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002


3:名無しさん:2019/08/19(月) 09:43:27.48 ID:mrzj9pLH0.net
>>1
何で切腹させたの?妻子まで処刑したの?
カスで確定でしょ
262:名無しさん:2019/08/19(月) 13:32:29.35 ID:J3USlUuP0.net
>>3
妻子まで処刑して復讐の芽を摘んでおくってのはわからんこともないが、
畜生塚がわからんな。
自分の身内が畜生ってことなら、自分も畜生だと世間は思うだろうにな。
255:名無しさん:2019/08/19(月) 13:16:09.91 ID:/mkfo0nL0.net
>>3
利休の切腹でもわかるとおり、秀吉は晩年
感情的で支離滅裂な行動を取っている
一説には、秀吉は梅毒でまともな判断力が失われていたのではないか
との説もあるくらいだ
これはある程度、裏づけがあり
秀吉の血判状から梅毒スピロヘータの遺伝子が発見されているし
当時の記録にも梅毒を思わせる症状が秀吉に見られた記録もある
271:名無しさん:2019/08/19(月) 14:04:45.95 ID:zxdfAIqG0.net
>>255
利休については
茶道を体系化させた人物ではなく
たんなる詐欺師、豊臣政権から多額の金を横領などしていたのではないかという点で

その責任で処断されたのではなかろうが

足利義秋のころには、
すでに茶道は体系化されている
273:名無しさん:2019/08/19(月) 14:33:29.11 ID:v1OqHf2b0.net
>>255
利休はバテレンと通じた
薬物と武器のバイヤーだったから切腹させられただけです
あいつが作った茶室は、その商談をやるための物です
6:名無しさん:2019/08/19(月) 09:44:31.56 ID:/Qm9w8gL0.net
本心じゃないだろ
10:名無しさん:2019/08/19(月) 09:49:28.22 ID:qqS5apFQ0.net
>>6
少なくとも秀次を引退させて秀頼を跡継ぎにする方針は明確に見えるな
30:名無しさん:2019/08/19(月) 09:59:23.62 ID:/Qm9w8gL0.net
>>10
そうなんだよね

小早川みたいによそに養子にやればよかったのではないか
7:名無しさん:2019/08/19(月) 09:44:50.60 ID:zb9IK86z0.net
二階級特進みたいもんか?
12:名無しさん:2019/08/19(月) 09:50:54.42 ID:8VAOeJ460.net
秀次は死人に口なしで後から悪口言われてるけど別に悪逆無道でもないし謀反なんか考えてもいなかったんだろ
数少ない身内なのに、ほんとにどうして殺したんだか
13:名無しさん:2019/08/19(月) 09:52:17.21 ID:9bfQ21Ed0.net
>>12

秀次も かなり残虐超人だったらしいよ。
血が好きな人。だから自分で処刑執行するとか。
19:名無しさん:2019/08/19(月) 09:54:32.67 ID:9bfQ21Ed0.net
>>12
やっぱり秀次ヤバイw

趣味は囚人の試し斬り!?殺生関白の残忍エピソード

http://www.motomin.work/entry/2019/04/17/230934
25:名無しさん:2019/08/19(月) 09:57:43.97 ID:QY6mV6fr0.net
>>19
それ、古代中国の歴史を引用した悪人に仕立てるための古くからのテンプレやで。

妊婦の腹を裂いて胎児を出したとか、悪人に仕立て上げられた人にだいたいつけられる悪行の見本
14:名無しさん:2019/08/19(月) 09:52:28.39 ID:gqWJjN2G0.net
いつも思うが、この事に関しては、最上義光が1番可哀想だと思うんだわ
15:名無しさん:2019/08/19(月) 09:52:52.87 ID:QY6mV6fr0.net
歴史群像かなんかで秀次の高野山追放は自らの出奔、切腹は命令も無く自分で勝手にやったってことだったはず。

少なくとも秀頼が産まれて不仲になったという通説は軍記物レベル
24:名無しさん:2019/08/19(月) 09:57:04.42 ID:yiTRB14A0.net
>>15
だったら秀次の一族皆殺しとかしないだろ
妻妾と子供全部殺す意味はなに?
36:名無しさん:2019/08/19(月) 10:00:57.29 ID:QY6mV6fr0.net
>>24
謀反事件ってことにして厳罰にしないと収拾つかなかったんでしょう
46:名無しさん:2019/08/19(月) 10:04:50.20 ID:yiTRB14A0.net
>>36
意味不明
何の収拾がつかないの?
何を収拾させなきゃいけないの?
だって勝手に切腹したんだろ、あんたの説じゃ
57:名無しさん:2019/08/19(月) 10:11:05.82 ID:QY6mV6fr0.net
>>46
別に俺の説じゃないし。
政権のナンバー2が謀反の嫌疑かけられたから身の潔白を証明するために勝手に高野山に出奔して、秀吉は殺すつもりがなかったのに勘違いして先走って腹まで切ったなんて大混乱するから謀反ストーリー作るしかなかったんだろう
61:名無しさん:2019/08/19(月) 10:16:51.09 ID:yiTRB14A0.net
>>57
ナニが大混乱するんだよ?w
で、一族皆殺しにすればそれが収まるの?ww
63:名無しさん:2019/08/19(月) 10:18:57.87 ID:QY6mV6fr0.net
>>61
いや、その説すら知らない奴がなにを偉そうに噛み付いてんだか。ご自分の見た軍記物でも信じてればいいんじゃないの?
俺はそういう説があるという事しか言ってない。
16:名無しさん:2019/08/19(月) 09:53:00.29 ID:WX3lGvlB0.net
家臣の目や体裁を気にして切腹させた?
18:名無しさん:2019/08/19(月) 09:54:27.06 ID:yqBULH1T0.net
いや、むしろ謀反なり権力奪取の企てないと殺さないだろ?
21:名無しさん:2019/08/19(月) 09:55:56.67 ID:o3LLpk8a0.net
まあ結果的に豊臣家滅ぼうにつながる事件でしたからね
生きていれば徳川家康も迂闊に動けなかったでしょうし
35:名無しさん:2019/08/19(月) 10:00:45.82 ID:h+0XkrD50.net
>>21
戦前には徳川に盛大にケンカ売っといて主役のはずが
最上ごときに足止めされて何もできなかった上杉が哀れすぎるw
50:名無しさん:2019/08/19(月) 10:06:48.40 ID:htIxIpIv0.net
>>35
どっちつかずの佐竹より漢だろw
73:名無しさん:2019/08/19(月) 10:30:49.09 ID:qqS5apFQ0.net
>>35
最上が強いのか直江が弱いのか・・・
26:名無しさん:2019/08/19(月) 09:57:58.85 ID:0G2IyKxt0.net
勝手に切腹されて収集つかなくなってブチギレたっていう最近の説補強する材料にはなるな
31:名無しさん:2019/08/19(月) 09:59:25.44 ID:X8anpEis0.net
昔って怖過ぎだろ
39:名無しさん:2019/08/19(月) 10:02:23.00 ID:kzioPeDn0.net
官僚主義が肥大化すると、どんどん残虐になっていったね。
40:名無しさん:2019/08/19(月) 10:02:48.11 ID:ycuoFr2Y0.net
秀頼は確実に間違いなく絶対に秀吉の子供じゃないよな
53:名無しさん:2019/08/19(月) 10:08:30.97 ID:7rZYHc130.net
もうこのころの秀吉は気が違ってたとしか思えないのよね。
嫌いだわ、秀吉。
55:名無しさん:2019/08/19(月) 10:09:16.28 ID:otTZLcyq0.net
大河の軍師 官兵衛の時の描写がそんな感じだったな
秀頼が産まれたことで、秀次自身が疑心暗鬼に陥って、秀吉にそんな気は無かったのに齟齬が続いて修復不能になるみたいな
56:名無しさん:2019/08/19(月) 10:10:10.05 ID:thp917n60.net
関白にしてしまった以上殺さざるを得ないわな
でもこの一件で最上が豊臣絶対殺すマンになって関ヶ原で東軍勝利しちゃうんだから皮肉なものだよ
141:名無しさん:2019/08/19(月) 11:21:56.16 ID:BE0lQ0cM0.net
>>56
秀次と仲が良かった伊達政宗等の大名は関ヶ原で東軍に成った。
60:名無しさん:2019/08/19(月) 10:15:56.91 ID:Tm3tL7Qy0.net
本妻だけでなく、側室や付き人まで処刑したんだろ?
側室には最上の娘もいた。しかも15歳
あまりにも常軌を逸していた。
62:名無しさん:2019/08/19(月) 10:18:24.03 ID:N3ZxDiAu0.net
身内のいない秀頼でやっていけると思ってたのか
家康が諾々と従うと
秀吉は若い頃頭使いすぎて痴呆になってたんだろうな
67:名無しさん:2019/08/19(月) 10:25:49.44 ID:tpp6312N0.net
数ヶ月前に要職に就けたから何だって言うの?
結果的にその数ヶ月後に皆殺しにしてるのに
主筋を処刑し、身内を処刑し、滅ぶべくして滅んだのが豊臣家という事実は変わらないぞ
71:名無しさん:2019/08/19(月) 10:27:58.60 ID:nrhyILO10.net
いや、だから意思が変わったのがこの後の3か月間って絞り込める資料でしょ
76:名無しさん:2019/08/19(月) 10:32:28.06 ID:BEnID3xn0.net
これさっぱりわからん事件だ
身内お付も全滅させたのも謎だし
秀頼の事がなにか関係してるんだろうけど
77:名無しさん:2019/08/19(月) 10:33:15.90 ID:Un6L/X6x0.net
家康は晩年、部下の自分に対するダメ出しを内容が悪くとも喜んだそうだからなぁ。
まあ秀吉みてて色々思ったところがあったからかもしれんが。
52:名無しさん:2019/08/19(月) 10:07:33.21 ID:yiTRB14A0.net
それにしても歴史の研究者って凄いよな
こんな訳の分からん文字を解読できるんだもんねw

豊臣秀吉の新たな書状発見!切腹直前の秀次の息子を「要職に」
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1566175263
関連記事

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する