HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



古代トルコ文明の軌跡、モンゴルで発見された印章や彫像、軒丸瓦や狛犬のルーツか



1:名無しさん:2019/08/15(木) 02:30:31.38 ID:179HRAK99.net
考古学者たちは、モンゴルの古代のトルコ系 アシナ・ハガン族に属する珍しい印章と彫像を発見したと、土曜日に報告した。

この発見は、Turkic World Educational and Scientific Cooperation Organization(TWESCO)が率いるShiveet Ulanの発掘中に行われました。

TWESCOのDarhan-K・・ali代表は、2014年以降、この地域で重要な考古学的発見が行われたと述べました。

「アシナ・ハガン族に属する印章が付いた多数のユニークな石、およびライオン像が発掘物で発見されました」とK・・aliは語った。

彼は、この像はよく保存されており、珍しい発見であると述べた。

K・・ali代表はまた、この地域の他の発見は、この地域がハガン族の記念碑として使用されたことを示唆しており、彼らがその詳細を特定するために引き続き作業することを指摘した。

考古学的発掘もケルレン地域の近くで実施されており、多くの遺物は、この地域がゲクテュルク時代にトルコの部族の聖地の一つであったことを示唆しています。

自分自身をトルコ人と呼んだ最初のトルコ人は、6世紀に登場したゲクテュルク人でした。

google翻訳一部割愛
https://www.dailysabah.com/history/2019/08/10/ancient-turkic-stamp-statues-discovered-in-mongolia





2:名無しさん:2019/08/15(木) 02:32:46.92 ID:11BmUlkU0.net
チュルク→トルク→トルコ

モンゴル高原は、モンゴル族とチュルク族が交互に勃興し入れ替わっていった。
27:名無しさん:2019/08/15(木) 03:17:18.60 ID:aX4gtH/g0.net
>>2
「交互に勃起し入れあってた」と誤読した。もう寝よう。
37:名無しさん:2019/08/15(木) 04:01:38.04 ID:7/j5yh2O0.net
>>2
東アジア系の混ざっているモンゴルが勃興するのは、
かなり後だ。 10世紀以後だからな。
43:名無しさん:2019/08/15(木) 04:10:04.05 ID:vBgGP8kW0.net
>>2
モンゴルもテュルク系じゃないの?

モンゴル帝国としてなった群が出たから
その後の自意識が別個の歴史観をもって派生したように思えるが
3:名無しさん:2019/08/15(木) 02:34:00.42 ID:pBGwLOaY0.net
かつて日本人は朝鮮の事を高麗(こま)と呼んでおり、高麗の犬=狛犬なのだ
6:名無しさん:2019/08/15(木) 02:40:19.92 ID:moluwKAE0.net
>>3
直接的にはそうだが、その更にルーツということだろう。
狛犬もただの犬ではなく唐獅子がルーツだろうし。
11:名無しさん:2019/08/15(木) 02:47:52.25 ID:SHWMWino0.net
>>3
高麗犬と狛犬は違うもんやで
高麗犬は頭のてっぺんが尖っとるねんw
ググっても結構間違っとるのが多いけど本当は違うものやねん
5:名無しさん:2019/08/15(木) 02:39:03.87 ID:11BmUlkU0.net
>モンゴルの古代のトルコ系 アシナ・ハガン族

アシナ・ハガン→阿史那可汗
要するに突厥の事。

ちなみに、この突厥の阿史那氏が会津の蘆名氏の祖先であったという説もあるとかないとか。
12:名無しさん:2019/08/15(木) 02:48:03.91 ID:6dZ5+2ma0.net
人は記憶型と思考型に大別できる

狛犬ってライオンだったのか・・・・


>>5
突厥ってトルコだよな~
極東までトルコ系が来てるわけがない
と思いきや安禄山



来てたんや
16:名無しさん:2019/08/15(木) 02:51:26.99 ID:QxXxgeb60.net
>>12

モンゴル高原からアナトリアまで行ったのが現実
17:名無しさん:2019/08/15(木) 02:54:12.57 ID:6dZ5+2ma0.net
>>16
えーーー!
そうなんだ。。。。
19:名無しさん:2019/08/15(木) 02:58:01.35 ID:QxXxgeb60.net
>>17
唐が鮮卑帝国叩き潰した時
残党が西へ西へ制圧しながら逃亡した結果
アナトリア半島からウイグルに広がる
トルコ語圏誕生した
モンゴル軍にもトルコ語部族従ってたし
全部東から広まったは確定
23:名無しさん:2019/08/15(木) 03:01:06.10 ID:6dZ5+2ma0.net
>>19
なるほど・・・・
すごい民族大移動だな
29:名無しさん:2019/08/15(木) 03:25:31.46 ID:aX4gtH/g0.net
>>19
突厥の人の外見って、今だとウイグル人みたいの想像すればいいの?今でいうトルコ人ってウイグル人とは大分違ってるよね?
103:名無しさん:2019/08/15(木) 11:04:49.57 ID:QxXxgeb60.net
>>29
現代のアナトリア半島のトルコ族は混血してるけど
元はモンゴル人やウイグル人に近いよ
9:名無しさん:2019/08/15(木) 02:41:08.94 ID:ZPB96+S40.net
ヨーロッパが今もトルコを極端に恐れる言動とかは面白い
69:名無しさん:2019/08/15(木) 04:36:30.40 ID:9WKbaxBQ0.net
>>9
東方のアジアとの境目にある国だからな。
同じ理由でロシアもな。
10:名無しさん:2019/08/15(木) 02:45:57.61 ID:+YfMcSE90.net
こういうのをNスぺとかでシリーズでやれば評価するのに
シルクロードみたいに大金も時間もかけて
20:名無しさん:2019/08/15(木) 02:58:26.90 ID:11BmUlkU0.net
キルギス人なんてモンゴルよりもっと北のシベリアでエスキモーみたいな生活してたんだけどさ。
チンギスハーンの大遠征に民族ごとついていって今の中東に住み着いたわけだから。
騎馬民族の移動範囲はハンパないね。
22:名無しさん:2019/08/15(木) 02:58:39.56 ID:LJ2IJHKj0.net
狛犬って遡るとスフィンクスとかに行きつんかな
32:名無しさん:2019/08/15(木) 03:38:23.64 ID:l071jNyL0.net
>>22
行くかもな、スフィンクスも二体なんて説もあるし
てか、世界共通の文化ぽいしルーツどうこうってよりは、どの地域が文化を共有してたのかが興味あるし面白い
日本でも狛犬あれば沖縄のシーサーもあるし、ルーツ違えど目的は同じ文化

これが朝鮮人が関わると一気に白ける
67:名無しさん:2019/08/15(木) 04:34:21.68 ID:dJFMfS0K0.net
>>22
メソポタミアの人面有翼獅子まで繋がるかもなと思ってる
25:名無しさん:2019/08/15(木) 03:03:46.89 ID:ayvUVxi10.net
紀元前からのモンゴル~中央アジアの民族の歴史ってロマンがあるわ

唐のころまでのテュルクって黒髪黒目のアジア系だったらしいし
古代中国のウイグル自治区あたりはコーカソイドがいたらしいし
36:名無しさん:2019/08/15(木) 03:59:29.22 ID:7/j5yh2O0.net
>>25
アレキサンダーザグレートの遠征だ

ギリシャ人が、中央アジア全域へ移住した
28:名無しさん:2019/08/15(木) 03:21:31.21 ID:hDbt1kf40.net
ゲルマン民族大移動もフン族に押し出された結果なんだよな
さらに押し出された古代ヨーロッパの民族ってどれだけ貧弱だったんだ
39:名無しさん:2019/08/15(木) 04:02:29.49 ID:7/j5yh2O0.net
>>28
アッティラのフンは、現在のハンガリー フンがリー
あきらかに白人だぞ
87:名無しさん:2019/08/15(木) 05:31:33.41 ID:Y4IPE2TQ0.net
>>39
フン族とハンガリー人は違うというのが現在の歴史学の通説です
少なくとも同じだという証拠はありません
40:名無しさん:2019/08/15(木) 04:03:46.02 ID:y+pVrDtn0.net
>>28
映画のローマ兵はそれなりに屈強にみえるがいくら当時としては豊だったとはいえ
やっぱ貧弱な肉体だったんだろうな
42:名無しさん:2019/08/15(木) 04:08:20.41 ID:7/j5yh2O0.net
>>40
ローマ軍は、選び抜かれた最精鋭だけをローマ兵にしていたけどな
ローマ兵は、欧米では強靭な肉体で知られる

アッティラのころは、ローマ帝国のかなり末期に近いから
辺境からの傭兵だな
62:名無しさん:2019/08/15(木) 04:22:51.75 ID:jXcc5c9z0.net
>>40
ローマ兵は160㎝台でゲルマン人は180㎝近くあったようなことをガリア戦記かなんかで読んだ記憶がある
64:名無しさん:2019/08/15(木) 04:30:17.17 ID:7/j5yh2O0.net
>>62
欧米では、ローマ兵といえば屈強だ

ローマ帝国は、選りすぐりのエリートをローマ兵にしていた
33:名無しさん:2019/08/15(木) 03:38:50.81 ID:G+7TPqYY0.net
イギリス王室の紋章のライオンとユニコーンも狛犬と同じルーツだと思う。
76:名無しさん:2019/08/15(木) 04:44:28.49 ID:GJzrofYC0.net
>>33
天皇家の紋章もユニコーンとライオンじゃね?

83:名無しさん:2019/08/15(木) 05:00:58.38 ID:vje9Dc6z0.net
>>33
たどれば中東あたりかもね。
72:名無しさん:2019/08/15(木) 04:39:41.15 ID:9WKbaxBQ0.net
>>33
イギリス紋章にライオンかよ?!
英国にライオンいたのか?昔。


日本の獅子もライオンだという説もあるが、
それじゃ獅子舞はライオン舞なのか?。

実際は獅子という想像上の動物があって、それを
後年になってからライオンに類推しただけ。
84:名無しさん:2019/08/15(木) 05:14:38.12 ID:hDbt1kf40.net
>>72
イギリスっていうかイングランドの王室紋章
ライオンを採用したのはフランス生まれのヘンリー2世で3頭に増やしたのが獅子心王ことリチャード1世
ちなみにサッカーのイングランド代表は王室紋章の3頭のライオンをエンブレムに使っているので、スリーライオンズという愛称がある
51:名無しさん:2019/08/15(木) 04:13:55.37 ID:risgw/CS0.net
トルコでは学校で中央アジアから西に来たのが今のトルコ人のルーツであり東へ日本まで行った祖先もいると教えている
だからトルコ人は日本人と同祖という認識があるので対日感情は良い
実際に馬の輸入や戦乱から逃れてきたなどで北方騎馬民族を日本で受け入れたのは事実なので間違ってはいないだろう
ちなみに今の朝鮮人は北方騎馬民族に支配されていた側なので起源ではない
74:名無しさん:2019/08/15(木) 04:42:57.34 ID:9WKbaxBQ0.net
>>51
言葉もそうかなと思ってググってみた。

トルコ語
日本語の助詞や助動詞のように、単語の末尾に接尾辞を付着させて文法関係を示す膠着語であり、語順も日本語に似て、原則として主語を文の先頭、述語を文の末尾に置く(SOV型)。形容詞も日本語同様、前置修飾である。

主語と述語をひっくり返すのは無理なので、トルコ人は日本人と同祖というのは充分ありうる。
79:名無しさん:2019/08/15(木) 04:47:47.49 ID:N1VhHkwr0.net
>>74
そういう伝説って中央ユーラシアに結構あるんだよ

カザフ・キルギスも肉好きは中央アジアへ魚好きは東へいって日本へって感じでね
カザフ・キルギスは顔つきが日本人にそっくりで簡単に区別がつかないレベルでトルコ以上に説得力がある
学術的に正しいとは言えないともいわれるけどね
82:名無しさん:2019/08/15(木) 04:53:28.29 ID:9WKbaxBQ0.net
>>79
プラムもトルコあたりが原産国だが、東へ東へといったのが
日本のスモモになり、西へといったのがプルーンになった。

アメリカの梅毒が西洋から伝播で日本の青森まで百年かかってないから
人間の移動速度は昔といえどもかなり早い
77:名無しさん:2019/08/15(木) 04:46:06.68 ID:+TZ+Tq8b0.net
そういや今NHKで昔のシルクロード再放送してるな
80:名無しさん:2019/08/15(木) 04:48:53.34 ID:9WKbaxBQ0.net
ちなみに、風の谷のナウシカ の舞台も、
想定地域はトルコな。(ただし地図では左右が裏返っている仮想の土地)

トルメキア戦役という名がついているが、
西洋系(トルメキア王国)とアジア系(土鬼)との大戦争
97:名無しさん:2019/08/15(木) 08:41:04.32 ID:J4yfVEyu0.net
>>80
風の谷…中国沿岸
ペジテ…北京あたり
トルメキア…ロシア(描かれている甲冑がロシア帝国のもの)
酸の湖…重慶あたり
土鬼(ドルク)…インドシナ~インド~中東(国名はトルコから)
腐海の中心…中央アジア
シュワ…エルサレム
86:名無しさん:2019/08/15(木) 05:28:01.76 ID:dJFMfS0K0.net
西欧も東アジアもライオンいなかったけと意匠としては使ってるんだね
狛犬は阿吽の口はインド由来かな
96:名無しさん:2019/08/15(木) 08:34:51.48 ID:SHWMWino0.net
>>86
ぐぐったらユーロからインドまで広く分布していたんだと。ちなみにインドライオンが絶滅危惧種だけど今でもいる。

古代トルコ文明の軌跡、モンゴルで発見された印章や彫像、軒丸瓦や狛犬のルーツか
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1565803831
関連記事

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する