HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



次世代半導体にも!“夢の物質” 炭素素材の製造技術の開発に成功!



1:名無しさん:2019/06/27(木) 07:13:11.91 ID:CAP_USER.net
“夢の物質” 炭素素材の製造技術の開発に成功 名古屋大学

次世代の半導体の材料などとして期待され、合成するのが難しいことから夢の物質とも呼ばれる炭素素材の「グラフェンナノリボン」を自在に製造する技術を開発したと名古屋大学のグループが発表し、コンピューターの小型化などに応用できる可能性があるとして注目を集めています。

「グラフェンナノリボン」という物質は、六角形の環状の炭素分子がつながった「ナノメートル」サイズの炭素素材で、大きさなどによって電気の通しやすさなどの性質が変化するため、次世代の半導体などへの応用が期待されていますが、効率よく合成する方法はなく、夢の物質とも呼ばれています。



名古屋大学の伊丹健一郎教授のグループは、環状構造を持つ特定の炭素分子を独自の触媒で反応させたところ「グラフェンナノリボン」を効率的に合成でき、材料の量などを調整することで、形や大きさを制御することもできたということです。

「グラフェンナノリボン」を使った半導体は、これまでより小さなサイズで同等以上の能力を発揮することができると考えられていて、コンピューターの小型化や高性能化などにも応用できる可能性があるとして注目を集めています。

伊丹教授は「長年の課題を解決でき、企業と量産化のための技術開発を始めていて、できるだけ早く応用につなげたい」と話しています。

(※ソースに動画あり)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190627/k10011970331000.html


2:名無しさん:2019/06/27(木) 07:16:44.61 ID:buqzC5uZ.net
軌道エレベーターに使うヤツじゃないのか、残念
3:名無しさん:2019/06/27(木) 07:16:52.51 ID:TXrHFJTc.net
さ、アメリカに行って実用化しましょ
それとも中国のほうがいいかな?
8:名無しさん:2019/06/27(木) 08:57:57.61 ID:w7imLJBJ.net
>>3
ありきたりなこと毎回書いて楽しい?
なんか冷や水浴びせてるつもりなんだろうけどさあ
5:名無しさん:2019/06/27(木) 07:41:56.41 ID:l+JLYolv.net
半導体材料として使うなら、酸化皮膜を作れないといけないけど、酸化グラフェンって熱、化学安定性高いの?絶縁はできるんだろうけど
6:名無しさん:2019/06/27(木) 07:43:54.31 ID:1i0MGlGm.net
炭素をレーザーで燃やすとじゃなく、化学的に合成できたならすげーな
11:名無しさん:2019/06/27(木) 10:10:23.14 ID:RYP9WZ9N.net
どこで作り方を盗めるアルか?
17:名無しさん:2019/06/27(木) 11:43:26.16 ID:8ctP/k7P.net
ウリ達にも研究を手伝わせてほしいニダ!
12:名無しさん:2019/06/27(木) 10:50:31.16 ID:Zlffo0N5.net
>>1
今年秋、中国メーカーが製品化して販売する。
13:名無しさん:2019/06/27(木) 10:57:41.46 ID:cPigzEEX.net
安く、で出来るなら蓄電池にも福音がありそうだな
14:名無しさん:2019/06/27(木) 11:05:09.71 ID:xj7z/ljx.net
東北大の加藤俊顕准教授のとはまたちがうの?
22:名無しさん:2019/06/27(木) 14:08:05.30 ID:gbjs3WWd.net
>>14
グラフェンナノリボンでメモリーつくってたな
27:名無しさん:2019/06/27(木) 15:23:33.71 ID:0KK3S9HA.net
グラフェンナノリボンを使った新型メモリを開発 フレキシブル不揮発性メモリの実現に期待

https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2018/08/press20180808-01-ribon.html

2018/08/08 - 【発表のポイント】 原子オーダーの厚みをもつグラフェンナノリボンを使ったPPCを活用することで光書き込みによる不揮発性メモリ・新型メモリを開発。グラフェンナノリボン不揮発性メモリの集積化を実現。
水中でも情報が消えない耐環境性に優れた不揮発性メモリ動作...
15:名無しさん:2019/06/27(木) 11:06:50.61 ID:zODstmYu.net
量産化と実用化がかなり近い将来出来るって凄いな
18:名無しさん:2019/06/27(木) 12:30:46.99 ID:uFtFHqSQ.net
>>1
日本はスパイ天国、もうデータは海外にわたっているな
20:名無しさん:2019/06/27(木) 12:51:25.29 ID:gY4EfANp.net
調べたらノーベル賞級やん
21:名無しさん:2019/06/27(木) 13:57:39.53 ID:xkiUozs9.net
材料を制した国が世界を制すってね
24:名無しさん:2019/06/27(木) 15:05:26.48 ID:CsMLeMD2.net
共同研究契約を結んだ企業の株を買おうとしたけど時すでにS高でした
26:名無しさん:2019/06/27(木) 15:16:34.55 ID:0KK3S9HA.net
田岡化学工業S高、名古屋大学とグラフェンナノリボンの製造方法で共同 ...

田岡化学工業<4113>がストップ高まで買われている。
同社はきょう、名古屋大学とナノグラフェン・グラフェンナノリボンの製造方法に関する共同研究契約を結んだと発表。これが株価を刺激しているようだ。
25:名無しさん:2019/06/27(木) 15:15:21.44 ID:0KK3S9HA.net
ナノサイズの炭素リボン精密合成=次世代半導体など応用期待-名古屋大 ...

13 時間前 - 名古屋大の研究チームは、シート状の炭素素材「グラフェン」を細長いリボン状にした「グラフェンナノリボン」(GNR)の精密合成に世界で初めて成功したと発表した。GNRは高速、省エネの次世代半導体やセンサー、電子回路材料として期待 ...
29:名無しさん:2019/06/27(木) 17:08:26.36 ID:wTJfaKxQ.net
>>1
こんなニュースは度々目にするけど
実用化された試しがありません
応用力というかソフト関係の脳みそまるきりダメなんだ
日本人って本当は馬鹿なんでしょ
33:名無しさん:2019/06/27(木) 19:00:08.61 ID:aJd0jfQ5.net
>>29
核融合よりはこちらはまだあるよ
あとソフト力ないいうけど
ゲーム機つくったころは
いまのスマホみたくいろいろやってたんだぜ
だめだめじゃなく作ってくれ提案とかせんと
47:名無しさん:2019/06/28(金) 05:50:26.44 ID:otBsNl/9.net
>>29
今の半導体って凄い作りやすいからね。
新技術はブレイクスルーがいくつも必要でだいたいは工業的に採算ライン載せられなくて詰む。
30:名無しさん:2019/06/27(木) 17:56:06.52 ID:OeT5NXN4.net
これさえあれば変形ロボットだろうが起動エレベーターだろうが実現できちゃうの?
37:名無しさん:2019/06/27(木) 19:56:50.21 ID:XTmXu9U0.net
研究レベルで報告するって事はまだ製造原価がお高すぎるって事ですねw
50:名無しさん:2019/06/28(金) 10:23:32.51 ID:HfWWBMiP.net
>>37
コストが合えば使うということだね。

たとえて言うと、航空機の機体や、列車の車両にカーボンを使っても、クルマに使うかというとパガーニのように2億円のクルマなら使えるよという話にしかならない。

航空機に炭素繊維を使うのは、
1)航続距離が長いから、軽量化は燃料代を劇的に引き下げるのでコストが合う
2)機内の湿度を高くすることが可能になり、乗務員や乗客の快適性が増す
などの理由によるものだ。

クルマに使っても、そのコストを客に請求するのは難しいし、経済的合理性も説明できなければ、使う話にならないだろう。
41:名無しさん:2019/06/27(木) 22:09:02.85 ID:rGK29sP6.net
グラフェンナノリボン
これ30年前から名大でやってる研究だわ。

へ~~まだやってたんだ。
ノーベル賞とった天野浩教授が当時は院生で将来有望とかの記事と一緒に、名大日報かなんかに
載っていた記憶が、、
44:名無しさん:2019/06/28(金) 00:56:56.71 ID:XmLEqKqO.net
もうシリコンいらんの
46:名無しさん:2019/06/28(金) 05:21:19.45 ID:s4Rcx0Lv.net
「夢の物質」と言うならマジに用途を考え出せ
48:名無しさん:2019/06/28(金) 07:38:32.36 ID:0mNVOlfa.net
全個体電池も量産化したのは日本が最初なんだろ

やっぱり日本人は世界で一番頭が良いんだろうな
黄色人種は一番脳みそが大きいし

次世代半導体にも!“夢の物質” 炭素素材の製造技術の開発に成功!
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1561587191
関連記事

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する