HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【3年B組金八先生】学園ドラマの金字塔、金八のモデルは三上満さんって知ってた?




【☞3年B組金八先生

『3年B組金八先生』(さんねんビーぐみ きんぱちせんせい)は、1979年(昭和54年)から2011年(平成23年)までの32年間にわたって、TBS系で断続的に制作・放送されたテレビドラマシリーズ。日本の学園ドラマの金字塔と称される作品である。

1980年代前半にTBSで放送されていた学園ドラマ『桜中学シリーズ』のメインとなる作品。東京都の区立桜中学校(第3シリーズとスペシャル7・8のみ区立松ヶ崎中学校。いずれも架空)を舞台に、中学校の教員(国語担当)である坂本金八(さかもときんぱち)が、学級担任をしている3年B組内に起こる様々な問題を体当たりで解決していくというのが大まかなあらすじである。

歴代の作品は中学3年時、特に本放送時と同じ時期である2学期中盤(第8シリーズでは2学期制導入により後期)から卒業時までを取り上げてきた。その中で高校受験、学習発表会での演劇や文化祭での合唱コンクール、ソーラン節の他、中学校での学校行事も取り上げているが、中学3年時にあるイベントであっても修学旅行や体育祭のように作中において一度も取り上げられなかったものもある。

『金八』の舞台が中学校になった理由について、プロデューサーの柳井満は「前年(1978年)に他局で高校ドラマを色々とやっており、『熱中時代(先生編)』(日本テレビ)は小学校を舞台にしていたため、結果消去法で中学校にした」と述べている。

はい、学園ドラマ、熱血教師ドラマと言えば、誰でも真っ先に思いつく名作、金八先生。
武田鉄矢の当たり役で、長髪を耳の横にかき上げる仕草は、武田鉄矢のモノマネの定番になる程、定着しましたね。

今回、取り上げようと思ったのは、昨日(2015年8月22日)、金八先生のモデルとなった「☞三上満」氏が死去、というニュースを見たからです。
関連記事:

mikami-mitsuru.jpg

「金八先生」のモデル、教育評論家の三上満さん死去
http://www.asahi.com/articles/ASH8Q74Z4H8QULZU003.html


まぁ、昭和の懐かしいドラマとしては、すぐに思い浮かぶ番組ですし、いつかは取り上げようと思っていた訳ですが、そこへ来て今回のこの訃報。
これは、追悼の意も込めて、やるなら「今でしょ!?」と思いました。

と、言うわけで、知ってる人は多いでしょうが、「3年B組金八先生」を簡単に紹介していきます。

シリーズ物としては、1979年に放送された第1シリーズから、2007年に放送された第8シリーズまで、約30年に渡り、計8本。
単発のスペシャルドラマとしては、12本(最期のスペシャルは2011年放送)の製作されています。
まさに、学園ドラマの金字塔。

主題歌は、シリーズ版、スペシャル版通して、全て「海援隊」が歌っており、特に、第1シリーズで使われた「贈る言葉」は、スペシャルでも8回使われた(2011年のファイナルでも使用)、金八先生の代名詞的主題歌です。

それでは、第1シリーズから第8シリーズまで、順に見て行きましょう。

■第1シリーズ
放送期間:1979年10月26日 - 1980年3月28日の金曜日20:00 - 20:55に放送。全23回。
主題歌:海援隊「贈る言葉」
キャッチコピー:「みんな一緒だ、とことんやろう。みんな一緒に大きくなろう。」
§概要

記念すべき第1シリーズ。
高度経済成長を終えて、オイルショックの影響時の日本の教育を舞台とする作品である。
世田谷第一中学校から桜中学校に転勤になった金八が非行・不登校・いじめ・親子の絶縁など、学校が抱える様々な問題を真正面から受け止め、生徒と一緒に涙を流しながら奮闘する。
6話にわたった「十五歳の母」では生徒の妊娠出産を描いたほか、東京大学を目指す高校生の自殺を取り上げ、命の大切さを訴えた。

金八先生(第1シリーズ) 贈る言葉




■第2シリーズ
放送期間:1980年10月3日 - 1981年3月27日の金曜日20:00 - 20:55に放送。全25回。
主題歌:海援隊「人として」
キャッチコピー:「先生も走るぞ、君らも走れ!みんな仲間だゴールは同じ。」
§概要

第2シリーズは、荒れる中学生や暴力によるいじめなどに焦点をあてた作品である。
このシリーズでは、放送当時に教育現場で問題となった、生徒のストレスなどを原因とする非行や校内暴力を初めとする問題に視点をあて、当時のシビアな世相が描かれるとともに、「腐ったミカンの方程式」、中学生が手錠をかけられるシーンは、社会に大きな衝撃を与えた。

金八先生(第2シリーズ) 人として




■第3シリーズ
放送期間:1988年10月10日 - 12月26日の月曜日21:00 - 21:54に放送。全12回。
主題歌:武田鉄矢「声援」
キャッチコピー:「昭和六十三年度 三年B組 担任 坂本金八先生」
§概要

第3シリーズは、昭和末期のバブル景気の最中に製作された作品である。
このシリーズでは、物語の舞台を桜中学校から松ヶ崎中学校に移し、生徒の無気力に焦点を当て、心身ともに健康であることの大切さが説かれた。
中間管理職の立場となった金八が新任の教師を指導しながら、保健室登校を続ける生徒との心のふれあいや、酒乱の父親と二人で暮らす生徒との関わりなど現代社会の影の部分についての問いを投げかけるとともに心温まる話が多かった。

金八先生(第3シリーズ) 声援




■第4シリーズ
放送期間:1995年10月12日 - 1996年3月28日の木曜日21:00 - 21:54に放送。全23回。
主題歌:海援隊「スタートライン」
キャッチコピー:「また会えたね。」
§概要

第4シリーズは、前のシリーズから7年ぶり(スペシャル版からは約5年ぶり)に制作された、ポストバブル時代初の作品である。
このシリーズでは、一見平和に見える学校生活に潜むいじめ・不登校の問題や、現在は廃止となっている偏差値と受験の問題を、金八が生徒たちと対話し、高く数多いハードルを乗り越えていく。
金八は生徒をいじめる子、いじめられる子に割り振り、いじめのロールプレイを行い、いじめがいかに無意識に行われるのかを問いかける。
また、第1シリーズで放送された「十五歳の母」について再考も兼ねて、「十五歳の母と父」(第10・11回の前後編エピソード)が放送され話題となった。

金八先生(第4シリーズ) スタートライン




■第5シリーズ
放送期間:1999年10月14日 - 2000年3月30日の木曜日21:00 - 21:54に放送。全23回。
主題歌:海援隊「新しい人へ」
キャッチコピー:「かけがえのない授業が、木曜の夜9時にはじまる。」
§概要

シリーズ20周年となった第5シリーズでは、学級崩壊や校内暴力を大きなテーマとして描く一方、優等生の仮面をかぶりつつも卑劣な行いを繰り返す生徒について激動的な物語が展開された。
かつては“非行”と“校内暴力”が大きな問題だったが、時代とともに「不登校」や「いじめ」が学校を席巻し、その後「学級崩壊」と「突然キレる子ども」が新たな火種も生まれた。
第5シリーズでは少子化の波を受け、桜中学校の校内に老人介護施設が併設され、“死”と向かい合って生きる高齢者と、時おり死に憧れる中学生が同じ屋根の下で毎日過ごすことになる。
このシリーズから第7シリーズまで、文化祭等でソーラン節を披露し、クラスの団結の和として描かれた。

金八先生(第5シリーズ) 新しい人へ




■第6シリーズ
放送期間:2001年10月11日 - 2002年3月28日の木曜日21:00 - 21:54に放送。全23回。
主題歌:海援隊「まっすぐの唄」
キャッチコピー:「こんども、悪戦苦闘。」
§概要

第6シリーズでは、性同一性障害や報道と人権などが扱われた作品である。
このシリーズでは、性や命について、子どもの自分自身に対する葛藤を通じて、それまでのシリーズとは異なる視点で描かれた。
桜中学でも急死した教育長に代わり和田校長が後任の教育長となり、新校長には金八とは全く正反対の教育理念を持つ千田が赴任してくる。
また、幸作の病気入院がテーマに入っており、それに伴い前作となる第5シリーズの卒業生達の出演が多いのも特徴である。

金八先生(第6シリーズ) まっすぐの唄




■第7シリーズ
放送期間:2004年10月15日 - 2005年3月25日の金曜日22:00 - 22:54 金曜ドラマ枠に放送。全22回。
主題歌:海援隊「初恋のいた場所」
キャッチコピー:「生徒に教える 生徒に学ぶ」
§概要

シリーズ25周年、第2シリーズから23年ぶりに金曜日の放送となった第7シリーズは、都内の麻薬蔓延を大きなテーマとして描かれた作品である。
第6シリーズで教育理念をめぐり校長と対立した結果、異動を命じられて学校を去った金八が、2年の月日を経て桜中学校に帰ってくるところから始まる。
犯罪の低年齢化が進むなど、中学生や地域社会を取り巻く環境が急速に変化していく現代。中学生のドラッグ使用という衝撃的な事件が起こる。
このシリーズは物語が中学2年の3月からスタートしたため、第1回『史上最低の3B!!』において、入学式、夏服での登校や授業風景、体育での水泳や夏休みなど、年度上半期のシーンが挿入されている。
また、一般の視聴者を対象に、公式ホームページにおいてエキストラ募集を行った唯一のシリーズでもある。なお、このシリーズから、金八の受け持つ生徒が平成生まれとなる。

金八先生(第7シリーズ) 初恋のいた場所




■第8シリーズ
放送期間:2007年10月11日 - 2008年3月20日の木曜日21:00 - 21:54に放送。全22回。
主題歌:海援隊「いつか見た青い空」
キャッチコピー:「はじめまして、よろしく!」
§概要

レギュラー放送ではラストパートとなった第8シリーズは、「親」を大きなテーマとして描かれた作品である。
このシリーズでは中学生が抱える問題と悩みを取り上げており、25人の生徒全員が主役となる。
インターネットの普及から「学校裏サイト」という存在を知った金八は、生徒一人ひとりをクローズアップするため、第1回『ぎらりと光るダイヤのような日!』で金八が生徒一人ずつに渡した「私」というタイトルのノートを生徒たちに提出するよう求めるが、このノートが生徒たちの気持ちを引き出す重要なアイテムとなる。
生徒と喜怒哀楽を共にし、親には堂々と説教をする金八が「学校とは何のためにあるのか」を問う。
また、大学の教育学部に進学した金八の息子・幸作が、母校である桜中学で教育実習を行う姿が描かれるとともに、第1シリーズ卒業生の宮澤保と浅井雪乃の息子・宮澤歩と同様に、第1シリーズ卒業生である阿部トシエの息子・大西悠司が登場する。

金八先生(第8シリーズ) いつか見た青い空



いや、どれも時代背景を反映していて、当時、どう言った事が社会問題となっていたのか分かりますね。
各シリーズごとに、キャッチコピーが設定されている事にも驚きました。

私はドラマを全て見ていたわけではありません。
特に、平成以降のシリーズは、ほとんど知らないのですが、全シリーズ、主題歌を聞いた事がある、と言うね。
自然と耳にしているのはドラマの凄さなのか、海援隊の凄さなのか・・・

私としては、「贈る言葉」はちょっと聴き飽きた感があるので、第2シリーズの「人として」が好きです。
次は、第7シリーズの「初恋のいた場所」、これ、イントロの部分が凄くノスタルジックな雰囲気がありますよね。
遠い「初恋」の思い出って感じが出てて好きです。

ちなみに、スペシャル版の方は、「贈る言葉」がもっとも多く使われていますが(12回中8回)、それ以外は、直前のシリーズの主題歌が使用されています。
簡単にまとめてみました。

■スペシャル版主題歌

スペシャル放送日主題歌
1982年10月8日贈る言葉
1983年10月7日人として
1984年10月5日贈る言葉
1985年12月27日贈る言葉
1986年12月26日贈る言葉
1987年12月25日贈る言葉
1989年3月29日声援
1990年12月28日贈る言葉
1998年4月2日贈る言葉
2001年4月5日新しい人へ
2005年12月30日初恋のいた場所
ファイナル2011年3月27日贈る言葉


ところで、できれば、当時のオープニング映像が見たかったですね。
「3ねぇ~ん!Bぐみぇ~!」と叫ぶ所や、荒川の土手を歩いてる風景、懐かしいです。

それから、金八先生と言えば、生徒役の役者達が、後に有名になるケースが多く、若手俳優の登竜門的なドラマになっていますね。
第1、2シリーズは、制作側から指名した役者や事務所推薦等でキャスティングされたようですが、第3シリーズからオーディションを開いて選ばれていたようです。
ドラマの認知度が上がるに連れて、オーディションに参加する人数も増え、第6シリーズ以降は、40倍以上の倍率だったそう。
もちろん、大手プロダクションの圧力(^^;も多少はあるんでしょうけど、才能ある若手が発掘される良い機会にもなってたんでしょうね。

で、金八先生に出演した有名どころを挙げると、

■第1シリーズ
 杉田かおる、鶴見辰吾、三原じゅん子、田原俊彦、近藤真彦、野村義男

■第2シリーズ
 川上麻衣子、ひかる一平、伊藤つかさ

■第3シリーズ
 萩原聖人、森且行、浅野忠信

■第4シリーズ
 古屋暢一、小嶺麗奈

■第5シリーズ
 亀梨和也、風間俊介、金田美香

■第6シリーズ
 上戸彩、本仮屋ユイカ、中尾明慶

■第7シリーズ
 八乙女光、福田沙紀、濱田岳

■第8シリーズ
 草刈麻有、忽那汐里、布川隼汰

いやぁ、こうやって見ただけでも、凄い面子ですね。
これ以外にも、現在、テレビや舞台で活躍している「元・3年B組」の俳優さん達は、沢山いるはずです。
そういった意味でも、金八先生というドラマの影響力は凄いですね。

さて・・・
如何でしたでしょうか。
歴史がありすぎて、ここではざっくりと振り返ることしかできませんでしたが、興味あるか方、ウィキペディア等で詳しい情報が読めますよ。

ドラマもファイナルを向かえ、早4年。
金八先生のモデルとなった三上満さんも亡くなり、作品としてだけではなく、本当に時代を終えたんだなぁ、と感慨深くなりました。
この名作をリアルタイムで見られる世代で良かった。
三上満さんのご冥福をお祈りします。

以上


※みなさんの感想、思い出、コメントして下さいね
【3年B組金八先生】
学園ドラマの金字塔、金八のモデルは三上満さんって知ってた?
関連記事
スポンサーサイト
Tag: TBS系

おすすめ記事

コメント

137

金八先生にモデルがいたんだ
作家が作った理想の教師かと思ってたよ

2015/08/23 (Sun) 18:06 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
138

僕はしにましぇんっ!って違うかw

2015/08/23 (Sun) 18:31 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
139

尾木ママがモデルって思ってた(笑)
なんでだろう
どっかでそんな話聞いた記憶あるんだけど

2015/08/23 (Sun) 19:08 | あの頃の名無し #HLiTkDlA | URL | 編集
140

声援って「僕は千円おくりますー」って聞こえるよね

2015/08/23 (Sun) 20:22 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する