HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



クジラ巨大化の定説くつがえす、史上最長26メートルのクジラ化石が発見される



1:名無しさん:2019/05/09(木) 08:49:31.16 ID:CAP_USER.net
定説くつがえす 史上最長26メートルのクジラ化石

■考えられていたより、はるか前にシロナガスクジラが巨大化した可能性浮上

シロナガスクジラは、地球上に存在した生物の中で一番大きい。では、シロナガスクジラはいつごろ、どうやってそんな巨大な体を手に入れたのだろう。イタリアの湖から出土した化石の分析から、その手がかりが見えてきた。

2019年4月30日付けの学術誌「Biology Letters」に掲載された論文によると、その巨大なシロナガスクジラの頭蓋骨は、今まで見つかった化石の中でもっとも大きいもので、頭蓋骨から推定される体長は26メートルだ。

現在のシロナガスクジラには、体長30メートルを超えるものもいる。化石のクジラはそれに比べれば小さく、推定された体長自体は驚くほどの大きさではない。科学者が驚いたのは、150万年前の更新世前期の海に、すでにこの大きさのクジラがいたということにある。何しろ、これまでシロナガスクジラが登場したと言われてきた年代よりもずっと古いのだ。

論文の共著者で、ブリュッセルにあるベルギー王立自然史博物館の古生物学者、フェリックス・マルクス氏は「これほど昔にこんな巨大なクジラがいたということから、巨大クジラにはかなり長い歴史があると考えられます。突然進化して巨大化したとは考えられません」と話す。


現在の人間のダイバーと太古のクジラの大きさを比較した図。

■鍵となる化石

シロナガスクジラがどのように大きな体を手にいれたのかを突き止めるのは簡単ではない。というのも、250万年前頃の巨大クジラの化石はめったに見つからないからだ。この期間、地球は何度も氷河時代を経験した。氷河時代には、大量の水が凍結し、海面はかなり下がったと考えられている。当時、クジラの死骸が陸地に流れ着いたとしても、現在では海面よりずっと下になってしまっているからだ。

研究の根拠となっている150万年前のシロナガスクジラの頭蓋骨の一部の化石は、2006年、イタリア南部の町マテーラ近郊で見つかったものだ。農家が、畑に水を引いていた湖の岸辺から、巨大な椎骨が突き出ていることに気づいた。イタリア、ピサ大学の古生物学者ジョバンニ・ビアヌッチ氏のチームは、農作業に影響を与えないよう、3年がかりでその骨を掘り出した。

化石は、当初からシロナガスクジラである可能性が指摘されていた。今回、新たに行われた解剖学的調査でシロナガスクジラであることが確認された。マルクス氏は、この化石から、巨大クジラがこれまで考えられてきたよりもゆっくり登場したことがわかるかもしれないと述べる。

2017年のある研究では、化石も含めた既知のヒゲクジラの大きさをすべて分析している。その結果が示唆しているのは、クジラの大型化は450万年前ごろから始まり、30万年前ごろにクジラは急激に巨大化したらしいというものだ。

そこでマルクス氏は、新たなヒゲクジラの化石を加えて分析を続けた。大型化が始まった時期として、「もっとも可能性が高いのは、360万年前ごろでしょう。あるいは、600万年前くらいから起きていたとも考えられます」

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/050800260/


2:名無しさん:2019/05/09(木) 09:01:22.01 ID:fOlKCeyC.net
シロナガスクジラの脳と身体の比を人間に持ち込むと
人間の脳みそが30gくらいになる
3:名無しさん:2019/05/09(木) 09:15:46.27 ID:ePzkRyU7.net
昔は湖に鯨を飼ってた
4:名無しさん:2019/05/09(木) 09:21:00.37 ID:buXCNpJ7.net
ムーの白鯨だろか
6:名無しさん:2019/05/09(木) 09:34:55.90 ID:JViJj+fF.net
城流す。大洪水だよね。
20:名無しさん:2019/05/09(木) 11:32:04.22 ID:cffFR4eT.net
>>6
白くて長いからだぞ
9:名無しさん:2019/05/09(木) 09:54:15.24 ID:rUUyRQBx.net
シロナガスクジラって30メートルもあるのか
奈良の大仏2個分くらいって考えると哺乳類としてデカすぎ感があるね
11:名無しさん:2019/05/09(木) 09:58:11.58 ID:RTJ4TkWw.net
そのシロナガスクジラが生きた姿で目撃できるのも21世紀中になりそうだけどね。
10:名無しさん:2019/05/09(木) 09:56:27.54 ID:YSjQvLR6.net
過去600万年ずっと寒冷化した時期ということか
13:名無しさん:2019/05/09(木) 10:23:07.08 ID:3rHUuwLa.net
昔、体長50mの恐竜がいたんじゃ?
21:名無しさん:2019/05/09(木) 11:32:53.95 ID:oAgrbohS.net
>>13
50mはともかく、30m台の恐竜がいたのは確定だけど、
竜脚類はやたらと細長い尾と首で体長を稼いでいるので、
実質的なボリュームは、同体長のクジラよりもかなり小さくなるでしょ

アフリカゾウの胴体に細長い首と尾をくっつけたら、20メートル級になるよ
28:名無しさん:2019/05/09(木) 13:34:46.05 ID:I0GzCum1.net
>>1はミスリードだろ
シロナガスクジラの巨大化についての話なのにクジラ全体の巨大化の話にすりかえてる
現生クジラの直系じゃないけどバシロサウルスの大型種は3000万年前には25mほどに巨大化してる
>>13
幻のアンフィコエリアス・フラギリムスね
スーパーサウルスの亜成体が40m超と報じられたことがあったがその後は知らん
17:名無しさん:2019/05/09(木) 11:04:39.89 ID:Il24PDDp.net
大昔、人間が海を汚す以前は
海ってそりゃきれいだったんだろうな
ほんと人間って地球のダニみたいなもんだわ
18:名無しさん:2019/05/09(木) 11:21:51.62 ID:81ALhM4G.net
進化って、徐々に少しずつ変化しいくタイプと、
ある短期間に大きく急激な変化をするタイプの2種類があるそうで、
クジラの巨大化は後のタイプなのかもね
23:名無しさん:2019/05/09(木) 11:45:28.26 ID:BiwIIGGr.net
意外と巨大なカバがいたのかもね
26:名無しさん:2019/05/09(木) 13:13:08.53 ID:8KrEGoeP.net
Tレックスと同じでまた定説が覆るのか
27:名無しさん:2019/05/09(木) 13:30:49.41 ID:d65DVjIr.net
進化論ってもはや破綻してるんじゃなかったっけ?
このシロナガスクジラの場合も一々進化論を前提としてるから化石が見つかっては何度も論拠が破綻するわけで
29:名無しさん:2019/05/09(木) 13:37:45.11 ID:I0GzCum1.net
>>27
×進化論ってもはや破綻してる
○かつて進化論の定説だったネオ・ダーウィニズムってもはや破綻してる
>>1はその逆でネオ・ダーウィニズムの証拠=進化は漸進的だと主張している

クジラ巨大化の定説くつがえす、史上最長26メートルのクジラ化石が発見される
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1557359371
関連記事

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する