HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



平成時代に日本語はどう変化した?後輩口調「っす」登場、「ら抜き」拡大



1:名無しさん:2019/04/16(火) 14:47:29.01 ID:qD8rfb6Z9.net
後輩口調「っす」登場、誤用とされても「ら抜き」拡大…日本語、平成時代に変化

平成の間に、私たちが使う日本語は少しずつ変わった。30年を振り返ると、その変化の積み重なりが見えてくる。

方言や敬語を長年研究している東京外国語大学名誉教授の井上史雄氏は、「社会の平等化が進み、言葉にもそれが反映された」と語る。

共通語使用者が9割

――平成は、日本語にとってどんな時代だったと考えるか。

「文字通り、平らな時代。社会意識を反映して、言葉も平等化、平準化が進んだ。方言や敬語の変化にそれが表れている。言葉はある日突然変わるわけではないが、人口ピラミッドと同じように30年たつと中心世代が交代する。変化を見るのには十分な長さとなる」

――方言はどう変わったか。

「社会的地位が上昇した。方言を楽しみ、大切にしようという意識が高まった。明治期以降、国語の統一を目指す動きの中、方言は『撲滅』すべき対象だった。戦後も、方言コンプレックスは続いたが、方言を記録する研究や方言を記した土産物などが目立つ『記述』の時代だった。

そして平成は『娯楽』の時代と言える。『おいでませ山口へ』のような標語が定着、テレビドラマからの『じぇじぇじぇ』といった流行語、街角の広告も目立った。地方文化の再評価も背景にある」

――ただ、地方でも共通語を話す人が増えているようにみえる。

「全体としては平成の間、方言は衰退した。方言に誇りを持っていた関西でも、若い人は共通語を使うようになった。共通語の使用者数は、終戦後は1割程度、昭和後期で5割程度、平成期は9割程度とみられる。国民の大半が共通語を使うようになる大転換があったのだ。

テレビなどメディアの影響が大きい。ただ、方言が衰える一方ではない。新しい方言が各地で生まれ、東京に流入し、全国に広がる例もある。『うざい』、『ちがかった』(違った)、語尾の『じゃん』、などだ」

平等化した敬語「させていただく」が国会で広がった背景

――敬語はどう変わったか。

「地位の上下関係に基づくものから、平等な関係で目の前の聞き手に配慮する表現が多くなった。典型例が、『――せていただく』の広がりだろう。『休ませていただく』『始めさせていただく』など。対等な相手との恩恵のやりとりを示す。同じ相手でも場面によって立場は交代し得る。

国会の会議録からも、平成に急増していることがわかる。一方、その場にいない目上の人への敬語は省かれるようになった。『部長はきのう相撲を見に行ったんだって』は、かつては誤用扱いだったが、気にならない人が増えた」

――背景は何か。

「敬語の平等化は、社会の民主化、平等化と連動している。目上の人に自動的に使うのではなく、人間関係を重視し、場面に応じて使い分けるようになった。

会社で、役職名ではなく『さん』で呼び合ったり、目上、年上が、目下、年下の人に敬語を使ったりすることも増えている。また、聞き手に配慮する傾向は、丁寧語の変化にも表れている」


「です」が発展し、敬語とタメ口の中間に




――どういうことか。

「『です』の用法が発展し、多用されているのが特徴的だ。『です』は、聞き手を丁寧に扱うべき人としてとらえた表現。戦前から、『美しいです』など『形容詞+です』という言い方が広がった。さらに動詞やその変化形にも付くようになった。

『行くでしょう』『行くんです』などだ。テレビでよく耳にする『――に注目です』、メールの『了解です』などもその流れにある。

そして、『です』が変化した『っす』が新たに登場した。『いいっす』『行くっす』『だめっす』など――。運動部の後輩が先輩に使うので「後輩口調」とも呼ばれ、従来の敬語と無敬語(タメ口)の中間に当たる表現。単純に目上と目下に分けるのではなく、聞き手に配慮し、より細かく使い分けている」

――2007年(平成19年)には文化審議会が「敬語の指針」を答申した。

「従来の『尊敬語』『謙譲語』『丁寧語』の3分類から、5分類とした。謙譲語を二つに分け、従来の謙譲語をI、丁重語(自分側の行為を丁重に述べる言い方)を2とした。

また丁寧語に、お酒、お茶のような『美化語』を加えた。ただ、謙譲語I、2ははっきりと分けられない。また、尊敬語の用法も広がっている。境界は連続的なので、従来の3分類を基本に考えればいい」

(続きはソースで)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00010000-yomonline-soci


4:名無しさん:2019/04/16(火) 14:50:44.24 ID:NjgCqiCQ0.net
>>1
「ら」抜き表現は、 言葉の乱れではなく、

可能、受動の区別をつけるための 正常進化。 「@金田一梅雨彦」
5:名無しさん:2019/04/16(火) 14:51:12.71 ID:LXDnvEuk0.net
10年後には語尾がにゃんになってるにゃん
65:名無しさん:2019/04/16(火) 15:52:16.55 ID:DfHhZ8oo0.net
>>5
そうだにゃん
104:名無しさん:2019/04/16(火) 17:49:01.90 ID:NU5WGzH90.net
>>5
嫌でゲス
6:名無しさん:2019/04/16(火) 14:51:35.99 ID:hgfVV/DD0.net
半疑問みたいなアクセントが一時流行して気持ち悪いと思った
最近は少し減ったけど
63:名無しさん:2019/04/16(火) 15:45:38.60 ID:MKy1lLYc0.net
>>6
反疑問はあんまり聞かなくなったが、
語尾を押すように話すのはすっかり当たり前のようになってしまったな。
オレの子供の頃は子供が学級会なんかで発言する時の話し方だったが。

語尾を押す話し方



語尾を押さない話し方

171:名無しさん:2019/04/17(水) 10:26:55.04 ID:VOjBmW0c0.net
>>63のような喋り方も今ではアナウンサーが平気でやってるし。
7:名無しさん:2019/04/16(火) 14:51:47.47 ID:KeUmMuWA0.net
ら抜き言葉はラ行下一の問題を解決できない
忘れれない思い出、逃れれない運命
となるはずだがこれを使う人間はら抜き派にもほとんどいない
191:名無しさん:2019/04/17(水) 13:33:03.83 ID:va3IfsBe0.net
>>7
それが口語的になまって
わすれえない のがれえない
みたいなのが出てきたみたいな事は…
194:名無しさん:2019/04/17(水) 13:57:42.24 ID:2/V/zHCf0.net
>>7
入れれるはたまに聞くけどね
16:名無しさん:2019/04/16(火) 15:01:46.08 ID:7fPLUuK70.net
っすなんて昭和からあったろ
12:名無しさん:2019/04/16(火) 14:59:42.67 ID:NyPJ+zTR0.net
昭和生まれだけど普通に使うっすよ
11:名無しさん:2019/04/16(火) 14:59:07.42 ID:i5CiBmSl0.net
そうっすねー
14:名無しさん:2019/04/16(火) 15:00:32.18 ID:R2EmOqJV0.net
っすは敬語っす
17:名無しさん:2019/04/16(火) 15:01:49.12 ID:pOcBG+cM0.net
>>『読む』の可能形はもともと『読まれる』だったが、

知らなかったけど、興味深いわこれ
184:名無しさん:2019/04/17(水) 13:11:37.97 ID:VFDguUOP0.net
>>17
うちの方言じゃコレが未だ現役だわさ

作れる→ 作られる
歌える→ 歌われる
乗れる→ 乗られる
21:名無しさん:2019/04/16(火) 15:06:29.29 ID:zbRmJoCb0.net
平成時代に起きた日本語の変化の一例

 重複(ちょうふく)をじゅうふくと読む馬鹿が多すぎてじゅうふくと読んでもよいことになった
123:名無しさん:2019/04/16(火) 18:35:35.99 ID:2pniruMK0.net
>>21
早急に「そうきゅうに」←誤読
早急に「さっきゅうに」←正解

誤読が市民権を得始めてるやな。
136:名無しさん:2019/04/16(火) 21:01:07.39 ID:Zo6dmxWP0.net
>>123
的を(以下略)
43:名無しさん:2019/04/16(火) 15:19:38.60 ID:NjgCqiCQ0.net
「王道」 も誤用か、許容するのか、どっちかはっきりして欲しいな。

NHKでも「正当・本流・主流」的な意味で使ってたみたいだし、
自分も感覚的にそっちの方がしっくりくるんだけど、
一応本来の「特権階級の楽な道」っていう方が頭にあるんで
 「 確かに王道(誤用承知)ではあるな。」 みたいな書き方するの
疲れた。
24:名無しさん:2019/04/16(火) 15:08:30.33 ID:/UexwZ+h0.net
30半ばだが、未だに「~っすね」と言ってしまう
直さなければならないのは重々承知しているのだけれど、ついつい口から出てしまう
同じような人いない?
25:名無しさん:2019/04/16(火) 15:08:35.02 ID:IfH0ROA80.net
ら抜き言葉は受動と区分出来ることで情報伝達の精度が上がってるから
システム屋の感覚ではむしろバージョンアップなんだよな
35:名無しさん:2019/04/16(火) 15:12:33.00 ID:M1SqWjYn0.net
>>25
文系の俺もそれ思うわ
27:名無しさん:2019/04/16(火) 15:09:20.43 ID:ImWOXtOL0.net
国会の議事録から1940年代に福田赳夫がら抜き言葉使っていたとか、
近年の特に参議院で 書かせる→書かさせる のようなさ入り言葉が多用されているとかあったな。
29:名無しさん:2019/04/16(火) 15:11:12.68 ID:RvSF3Rms0.net
ちっす
なんて昭和のヤンキー語からじゃないのか
32:名無しさん:2019/04/16(火) 15:11:56.13 ID:yQDRClkJ0.net
>>1

おぃーっす!元気がないな、もう一丁
40:名無しさん:2019/04/16(火) 15:15:08.99 ID:FDCSJHRg0.net
テレビ番組のラーメン屋の取材でスープ事を聞かれ
店主がうちは〇〇で出汁をとらさせて頂いてます
とか言ってて吹いたわ
誰に言ってるんだろ
豚と鳥に対してかなw
48:名無しさん:2019/04/16(火) 15:23:53.95 ID:49UJD+730.net
>>40
丁寧に言っても別にいいけど
とらさせて の「さ」が要らないんだよなあ
41:名無しさん:2019/04/16(火) 15:17:08.52 ID:Q5zzwJhB0.net
そうですね→そうっすね→→ちょっちゅね
44:名無しさん:2019/04/16(火) 15:19:46.01 ID:49UJD+730.net
ら抜きはまだいいが
不要な「れ」を足したり「られ」を足したりする奴がいるんだよなあ
47:名無しさん:2019/04/16(火) 15:22:12.58 ID:iEJCBvji0.net
なるほどですね。
50:名無しさん:2019/04/16(火) 15:25:02.55 ID:7ssdgKJp0.net
「させていただく」の違和感マジパネエっす
55:名無しさん:2019/04/16(火) 15:31:02.58 ID:fVC6pKsQ0.net
こういうの、主張してる側が勘違いや思い込みってのが多すぎて。
大学教授やらが「正しい日本語はこうだ!」って主張してる本を数冊読んでも、主張が分かれてたり互いに潰しあったりしてるんで、すごく迷惑。
69:名無しさん:2019/04/16(火) 16:04:38.43 ID:9NYvPsuT0.net
ど根性ガエルの五郎の影響が強いみたいでやんす
79:名無しさん:2019/04/16(火) 16:18:14.71 ID:/9HN2vDs0.net
>>69
帽子が本体のアイツか
71:名無しさん:2019/04/16(火) 16:09:28.60 ID:8sJ8GEQg0.net
わたし未来から来りましたが、、この時代のにほんっごは難しゅうですんぞね
72:名無しさん:2019/04/16(火) 16:11:32.77 ID:e8QcE1Gb0.net
まじまんじ
ヤバたにえん
74:名無しさん:2019/04/16(火) 16:13:50.80 ID:OE6BNRfm0.net
ウェーイ
53:名無しさん:2019/04/16(火) 15:27:32.47 ID:PRqRGOrT0.net
エモいって、キモいの上位かと思ったわ
使って奴いるの?
75:名無しさん:2019/04/16(火) 16:13:55.05 ID:bPgswTdC0.net
っすは体育会的ノリで好きになれない。
76:名無しさん:2019/04/16(火) 16:14:10.19 ID:66rbyRwv0.net
いやだなぁ~俺先輩のこと好きっスよ♪
83:名無しさん:2019/04/16(火) 16:27:36.53 ID:xS+aj7dN0.net
面接の時に死ぬほど謙譲語暗記するやろ
あれのおかげで言葉遣いが正常になったわ
108:名無しさん:2019/04/16(火) 17:55:43.88 ID:GowPN/ue0.net
っす
が平成とか言ってる時点で全部嘘臭く感じる
102:名無しさん:2019/04/16(火) 17:23:49.05 ID:14Yz54xT0.net
正しい日本語なんてない
それが老害にはわからんのですよ
129:名無しさん:2019/04/16(火) 19:02:31.09 ID:u4qEG5NR0.net
金田一さんや町田さんが言っていた、
言語学者としては言葉が間違っているか正しいかとかはなくて、
ただ使用のされ方がどう移り変わっていくのかを見るだけってのが面白かったな

平成時代に日本語はどう変化した?後輩口調「っす」登場、「ら抜き」拡大
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1555393649
関連記事

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する