HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



ハルキゲニアなどカンブリア紀の生き物はなぜ変わった形をしているのか?



1:名無しさん:2019/03/21(木) 13:33:44.18 ID:CAP_USER.net
ハルキゲニアなどカンブリア紀の生き物はなぜ変わった形をしているのか?



細長い胴体の腹側に細長い足がムカデのように並び、背中側にはトゲが並んでいるという不思議な形をした「ハルキゲニア」や、平べったい体の先端に5つの目があり、前方に口が突き出ている「オパビニア」など、およそ5億4100万年前から4億8500万年前まで続いたカンブリア紀の生き物には、変わった形をしたものが多数見受けられます。

現代の生き物ではほとんど見られないような姿をしているのはなぜなのか、科学ニュースサイト・Live Scienceがその謎に迫っています。

Why Do Cambrian Creatures Look So Weird?
https://www.livescience.com/65006-why-cambrian-creatures-look-weird.html



ハーバード大学のザビエル・オルテガ=ヘルナンデス准教授によると、こうした姿は「当時の環境への適応の結果」だとのこと。

カンブリア紀以前、生き物といえば水中の微生物で、その後、こうした微生物を捕食する小さな生き物が現れました。しかし、この小生物は海底を移動するにとどまっていました。

およそ5億4100万年前、まだ虫のようだった小生物が単純な「筋肉」を獲得し、海底に穴を掘る能力を得ると同時に、海底に酸素が供給されるようになりました。

これにより、新たな生息地、食料、捕食動物が生まれ、一気に新たな生物が増加。その中で生まれた節足生物の多くは、かみつくための歯のような器官が脚部についていました。
>br>彼らは生き残るために戦いを繰り広げ、その結果、さらに生物は多様で複雑な姿を取るようになり、不思議な見た目の生き物も誕生することになりました。

それがハルキゲニアやオパビニア、アノマロカリスのような生き物だったというわけです。

ハルキゲニアは1911年に、カナディアン・ロッキーの化石地層「バージェス頁岩」の中から見つかりました。細長い体の片側にはトゲのようなものが、もう片側には触手のようなものがついているという、とてもありえないような姿は、古生物学者ですらもどう復元するのが正しいのか悩まされるものでした。

1977年、古生物学者のサイモン・コンウェイ・モーリスによって考えられたハルキゲニアの姿は、このように、丸い頭をしていて、海底をトゲのような足で歩き、背中の触手で食料を捕らえているというイメージでした。



ところが1992年に「背面の触手」だと考えられていたものは実際には対がある「腹側の足」であることが発覚。トゲは背中を守るものであるという、以下のような姿であったと修正されました。



2015年には、それまで「頭部」だと思われていたものが、泥につぶされたときに肛門から出た体の内容物であったことが発覚。細長く描かれているほうが頭部だったことが発覚しました。

ハルキゲニアほどではないものの、オパビニアも長らくどういう生き物なのかがわからず、当初は甲殻類とすら考えられていました。

様々な古生物のイラストを描いているNobu Tamuraさんが描いたオパビニアはこんな感じ。頭部にある5つの目とそこから伸びた口が特徴的です。

1970年代に古生物学者のハリー・ウィッティントンがこの姿を復元したとき、学会は爆笑に包まれたとのこと。その反応をウィッティントンは「オパビニアの奇妙さに対する賛辞」だと受け止めていたそうです。




なお、カンブリア紀の生き物の多くは次の地質年代であるオルドビス紀への移行ができず、絶滅しました。わずかに、海綿やクラゲ、イソギンチャクなどは、カンブリア紀の先祖の姿を残している部分があるそうです。

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20190320-cambrian-creature/


5:名無しさん:2019/03/21(木) 13:48:49.98 ID:KQjhjAuy.net
それまで「頭部」だと思われていたものが、泥につぶされたときに肛門から出た体の内容物であったことが発覚


2:名無しさん:2019/03/21(木) 13:34:36.53 ID:5Q6wfaDM.net
ムラカミ?
6:名無しさん:2019/03/21(木) 13:49:19.93 ID:gRqD0FQe.net
角川春樹だと思ふ
50:名無しさん:2019/03/22(金) 12:19:10.74 ID:PC7qi8BR.net
村上春樹のファンの事かと思った
52:名無しさん:2019/03/22(金) 12:50:49.07 ID:1VqIfi4H.net
>>50
どちらもトゲが多いし、変な触手で粘着してくるからな
14:名無しさん:2019/03/21(木) 14:21:44.84 ID:xNSc3In1.net
ハルキストはなぜキモいのか
17:名無しさん:2019/03/21(木) 16:05:21.99 ID:ZnulOaYu.net
ハルヒスレと聞いて来ました
4:名無しさん:2019/03/21(木) 13:38:38.92 ID:WdFkT9L+.net
カナダスピスは可愛い
7:名無しさん:2019/03/21(木) 13:53:00.17 ID:60RikAjx.net
人の祖先はナメクジウヲ…可愛いよ
瀬戸内海にも今でも生きてます
8:名無しさん:2019/03/21(木) 13:53:37.89 ID:ypx1JQQ4.net
「なぜここまで変わった形態をしていたか」に対するこたえが「激しい生存競争をしていたから」って…

なんにも答えになっとらんやんけ
25:名無しさん:2019/03/21(木) 18:02:04.81 ID:lh+BJR2f.net
>>8
どちらかというと自由なチャレンジを許容する環境だったような
9:名無しさん:2019/03/21(木) 13:56:19.90 ID:1d2SI7VA.net
単に脊椎動物の方が強いから全滅させられただけじゃね?
27:名無しさん:2019/03/21(木) 18:03:34.68 ID:lh+BJR2f.net
>>9
脊椎動物は出始めのころは最弱ランクだったのにな
現状でも植物昆虫連合にはまだ追い付いてない
11:名無しさん:2019/03/21(木) 13:59:16.17 ID:W+/0evx6.net
カンブリア期の5ちゃんでも
未来の生物予想とかの話題で
人間?うわっキモッ!wwwとか
肢がたった4つでどうやって生きてるんだよwとか
散々に言われてる筈
24:名無しさん:2019/03/21(木) 17:42:31.91 ID:wFu8N4/Q.net
>>11
そもそも陸に上がるとかマジキチ
空飛んでる生き物とか宇宙人レベル
28:名無しさん:2019/03/21(木) 18:05:29.28 ID:lh+BJR2f.net
>>11
先カンブリア民煽りがひどすぎて今よりも強力な投稿規制がはいってた
16:名無しさん:2019/03/21(木) 16:00:57.56 ID:RdBMm+6d.net
神の実験室
18:名無しさん:2019/03/21(木) 16:19:27.65 ID:ASASAj3z.net
基本的に突然変異には方向性がないから、一見奇妙な生き物が生まれる方が当然。

むしろ問題は、何故そいつらの多くが、オルドビス紀に移行する際に絶滅したかということ。
19:名無しさん:2019/03/21(木) 16:27:03.45 ID:fVGsGzY7.net
競争が甘かったからいい加減な生き物も生き残れたんだよ。
今の時代じゃ即食われて終わり。

あと進化という特性上、ある程度高度なものは既存の種から大きく外れて成立できないから現在の種に奇抜なものは生まれにくい。
20:名無しさん:2019/03/21(木) 16:47:49.66 ID:wZZ4Vpxg.net
>>19
一見正しいようにも聞こえるが
所詮、奇妙とか、不思議な形とか独特で個性的ッてのは感覚的、主観的なものだからねえ
他にいないってのは今だって海の生物はヒトデとかシャコとかフジツボとかもしそれが化石しかいなかったら
奇妙奇天烈な生物とか言ってたかもしれないし、例えば哺乳類にしたところで、カンガルーやカモノハシと言った生物はかなり奇妙という見方もできるわけですよ、これも化石しかいなかったらそう言えたわけで
29:名無しさん:2019/03/21(木) 18:15:13.40 ID:0zc54CEf.net
>>20
実際に、豪州が植民地化された少し後に採集されたカモノハシは
標本が欧州に送られたにもかかわらず「出来の悪い作り物」と
言われていたそうですね。
また、フウチョウは欧州に標本が贈られたときに何故か足を切って
送られたため、足が無いいつまでも飛んでいる鳥と勘違いされたとか
感覚的、主観的というものは厄介ですね。

バージェスモンスターの中でネクトカリスが当初言われた節足動物では
なくイカタコの軟体動物頭足類の祖先だと判ったのはここ数年でした。
30:名無しさん:2019/03/21(木) 18:31:09.27 ID:zokupe21.net
>>29
フウチョウの剥製の脚が切断されていたのは、確か帽子の飾りにするための加工でだったかな。
33:名無しさん:2019/03/21(木) 21:16:35.03 ID:Vtgg2QT4.net
現生の深海生物だって変わった形をしているものだらけ
バージェスの怪物たちが珍妙な外見なのは、カンブリア紀だからでなく深海生物だから
32:名無しさん:2019/03/21(木) 20:16:13.99 ID:5LyCGzW4.net
背中に並んだトゲは合理的だよね
1本2本あるだけだと他の部分に食いつかれるし
腹側にあると移動に不便だし(今だとウニみたいな変なのもいるけど)
ひっくり返して食おうとかトゲをむしって食おうとかいう器用な敵も当時はたぶんいなかったはずだし
34:名無しさん:2019/03/21(木) 21:17:21.10 ID:h7k5cvE5.net
生物も誕生したての頃は色んな形してたもんだ
それが進化するにつれて理想的な形態ってのが固まってきた
35:名無しさん:2019/03/21(木) 21:35:45.33 ID:pmqKMk5+.net
マイノリティである脊索動物の、さらにマイノリティであるホモサピ基準で「変わった形」とか烏滸がましい。
高等動物の基本形は外骨格・体節構造だろ。
内骨格・四肢なんて触手もちに比べたら少数派の特殊形態だぞ。
41:名無しさん:2019/03/21(木) 22:42:14.22 ID:zaD+eKJB.net
オパビニアの5つの目に関しては昆虫だって複眼×2と単眼×3で5つ目があるから特に不思議に思わないなあ
どういう配置が一番祖先的な形態の目なのか知らんけど
42:名無しさん:2019/03/22(金) 00:00:41.38 ID:cjgKBY2o.net
環境が安定してないと生き残るために多様な進化を探すからだろうな。
43:名無しさん:2019/03/22(金) 01:03:48.79 ID:L+AfaNhB.net
現在の生物と基本的に構造が違うような種ばっかりで単に「見たことがない」から奇妙に見えるだけでしょ
当時が綱とか門レベルで現在とは桁違いの多様性があったからな
46:名無しさん:2019/03/22(金) 02:03:22.59 ID:P0CMNkt7.net
ハルキゲニアからすれば人間の方がヘンテコな構造に見えるだろう

奇妙とは「我々と違う」の同義語でしかない
51:名無しさん:2019/03/22(金) 12:49:08.99 ID:cu591JBp.net
神様の発想がまだ柔軟だった。
あるいは放射線が高くて突然変異が頻繁に起き、
いろんなバリエーションの個体が生み出されていた。
54:名無しさん:2019/03/22(金) 13:43:37.88 ID:jsnKs8S+.net
後発組のニンゲンが「変わってんなお前らw」とか滑稽すぎて
47:名無しさん:2019/03/22(金) 02:22:56.51 ID:18rT9eAT.net
深海の生物に通じる怖さがあるな

ハルキゲニアなどカンブリア紀の生き物はなぜ変わった形をしているのか?
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1553142824
関連記事

おすすめ記事

コメント

14621

ハルキゲニア、オパビニア、アノマロカリス
見た目だけじゃなくて名前も特殊な感じがするけど、どうやって決定してるんだろ

2019/03/23 (Sat) 10:28 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する