HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



生きている状態で脳を取り出し永久保存、未来で復活させるビジネス誕生



1:名無しさん:2019/03/17(日) 15:38:18.76 ID:CAP_USER.net
「生きた脳」の永久保存で人類は不死を手に入れるのか

まだ生きている状態の人間の脳に化学処理を施し、何百年も保管できるようにするサービスを計画しているスタートアップ企業がある。

将来の科学の進歩により保存した脳から情報を復元できるようになれば、コンピューター・シミュレーションとして蘇ることができるという触れ込みだ。

スタートアップ養成企業であるYコンビネーター(Y Combinator)主催の超冒険的・野心的な企業を支援する3カ月間のブート・キャンプが人気だ。

だが、ネクトーム(Nectome)のような企業は、これまでにはなかった。

ネクトームの共同創業者でマサチューセッツ工科大学(MIT)の卒業生であるロバート・マッキンタイヤーCEO(最高経営責任者)は、3月21日に開催されたYコンビネーターのデモ・デイ(日本版記事)で、ハイテク死体防腐処理加工をして巧妙に脳を保存するテクノロジーについて説明した。

そこでマッキンタイヤーCEOは、自身のビジネスに対する意気込みを語ったはずだ。ネクトームのWebサイトで問いかけているように「あなたの心をバックアップできるとしたらどうしますか?」と(日本版注:現時点ではその後の報道に対する声明が掲載されている)。

そう、ネクトームは「脳を保存してアップロードする」企業なのだ。ネクトームの化学溶液を用いれば、数百年、もしかすると数千年間、肉体を傷つけずに凍結したガラス像として保存できる。

未来の科学者がいつの日か、レンガのように硬くなった脳をスキャンして、コンピューター・シミュレーションとして脳を蘇らせるというアイデアだ。そうなれば、非常に似ているが厳密には異なる人物が、どこかのデータ・サーバーの中でもう一度花の匂いを嗅いだりするようになるだろう。

だが、この話には身の毛のよだつような落ちがある。ネクトームの処置が効果を発揮するには、脳は新鮮でなくてはならないのだ。ネクトームは、末期症状の患者がまだ生きている間に(ただし麻酔をかけられた状態で)人工心肺に接続し、頸動脈にさまざまな防腐剤を調合した薬剤を投与する計画だという。

カリフォルニア州では2年前に、末期症状の患者に対する医師による自殺ほう助を容認する法律「終末期選択法(End of Life Option Act)」が制定された。

ネクトームはこの法律に詳しい弁護士に相談して、自社のサービスは合法であろうと信じるに至った。同社の手法を用いれば「間違いなく死にます」とマッキンタイヤーCEOはいう。「Yコンビネーターが投資する企業の中でも、ネクトームが特異な位置にいるのはそのためです」。

続きはソースで

https://www.technologyreview.jp/s/78899/a-startup-is-pitching-a-mind-uploading-service-that-is-100-percent-fatal/


3:名無しさん:2019/03/17(日) 15:47:52.63 ID:ka9DxMAl.net
>>1
長期間死んでる状態でも記憶は消えない
と、どうやって証明したのだろうか?
4:名無しさん:2019/03/17(日) 15:52:39.21 ID:4TwtrUEx.net
ルパン三世「…とうとう脳だけになっちまったのか…。」
103:名無しさん:2019/03/18(月) 04:28:50.38 ID:32b2HE1g.net
>>4
クローンはおとぎ話だと思ってたよ
22:名無しさん:2019/03/17(日) 16:46:04.95 ID:1em87XdT.net
やっぱりマモーだよな。
5:名無しさん:2019/03/17(日) 15:54:09.58 ID:cygSiMu3.net
死体冷凍ビジネスというのもあったが管理がずさんで腐っていたとか。
6:名無しさん:2019/03/17(日) 15:59:02.64 ID:Uu86aqrl.net
自分の人格のコピーができるだけで、自分はやっぱり死んでるよな
周りにとっては俺が生きてることになるかもしれんが、俺自身は死を免れない;
7:名無しさん:2019/03/17(日) 16:08:03.54 ID:ka9DxMAl.net
記憶残らなくていいなら昔から確立されてる方法があるな
ほとんどの生物に最初から備わってる繁殖という方法が
8:名無しさん:2019/03/17(日) 16:08:16.26 ID:AIy8fItr.net
西遊記の孫悟空の分身と同じ
どちらも同じ記憶と体組織を持つだろうが
自分が作られた分身だと理解できているか、甚だ疑問
10:名無しさん:2019/03/17(日) 16:15:03.25 ID:P+7om1/v.net
金持ちの男が不治の病で死の床にあった。
医者は彼に言った。「脳だけを取り出して、培養液に浸けて置けば
理論的には何百年も生き続けることができますよ」
そのうち技術が進めば、目や耳などの感覚器官の代わりになる機械も
サイボーグの手足も開発される。神経にそれを直接接続すれば
元気な体がもう一度手に入る。それまでは培養液の中でのんびりと
待てばいいのだ。

医者の甘言に乗せられ、男はそれを承諾した。
手術は無事に終了し、彼の脳髄は培養液の中に静かに浮かんでいた。
傍目にはのんびりと、安らかにたゆたっているように見えた。

術後、意識を取り戻した彼は全身の激痛におののいた。
彼の脳髄から伸びる神経線維は全て途中で断ち切られ、裸のままで
培養液に浸されている。それが彼には全身の激痛となって感じられるのだった。

叫ぼうにもそのための口も声帯も無い。
状況を知ろうにも見るための目が無い。
誰かに話を聞こうにも、聞くための耳すらもちろん無い。
誰にも助けを求めることすらできないまま、いつまで続くのかもわからない
痛みの中で、彼は医者の言葉を思い出していた。
「理論的には何百年も」
42:名無しさん:2019/03/17(日) 18:25:20.37 ID:nHu9rvOE.net
>>10
これ浮かんだ。
筒井康隆
25:名無しさん:2019/03/17(日) 16:59:36.17 ID:GtvFp+L8.net
>>10
まぁ、そういうことだな。

それに生きてる内にだから殺人にあたる。
46:名無しさん:2019/03/17(日) 18:46:53.20 ID:NGAodrnu.net
>>10
>それが彼には全身の激痛となって感じられるのだった。

激痛でも、ソレがあれば、まだ救いだ

激痛もなしだと

手足無し・五感無し 全くなんの感覚も無い状態でいつまで生きてられる?

命はあっても死んでるのと同じ
111:名無しさん:2019/03/18(月) 07:53:27.05 ID:rcZotjTD.net
>>10
筒井懐かしいw

脳だけ生きてても脳の活動を出力する方法がなきゃ
たった一人でただ意識があるだけって寂しすぎるだろ
11:名無しさん:2019/03/17(日) 16:16:15.49 ID:ZkGG3gFl.net
1000年の眠りから目覚めると
12:名無しさん:2019/03/17(日) 16:24:02.60 ID:ka9DxMAl.net
そこには眠る前とまったく同じ光景があらわれた
ドクター「驚きでしょうが偶然にも千年前とまったく同じ世界になってます。さあこの決済書にサインを!」
14:名無しさん:2019/03/17(日) 16:27:06.27 ID:WEvoETYM.net
冷凍保存の例を見れば末路は見えてるな
杜撰な管理で修復不可能になるだけ
そもそも遠い未来の人間が、その脳をデジタル化してくれるとでも?
歴史上の重要人物以外は数百年前の脳なんて無価値でしかない
105:名無しさん:2019/03/18(月) 04:32:18.09 ID:32b2HE1g.net
>>14
アイスマンは?
あれ偉人?
59:名無しさん:2019/03/17(日) 20:32:37.99 ID:afEU8JUN.net
>>14
まあ、原始人の生きたサンプルが出てきたら誰のでも復元するだろうけど、確実に自由なんてない実験動物状態だろうし。
サンプルも10個くらいあれば良いからそれ以上は破棄されるだろうね。
82:名無しさん:2019/03/17(日) 23:07:25.04 ID:xNa1HxE1.net
>>14
そもそも、未来の技術で必要な事が一切分かっていないから、
復元不可能な破壊をしていて無理ってなると思う。
28:名無しさん:2019/03/17(日) 17:12:15.02 ID:Mjla6ReI.net
動物実験で成功してからにしよう
34:名無しさん:2019/03/17(日) 17:59:03.50 ID:DdymxoOS.net
あなたの精密な剥製を残しておけば、
将来生き返ることができるかもしれませんよというビジネス。
いかにもアメリカ人が考えそうなことやね。
37:名無しさん:2019/03/17(日) 17:59:31.79 ID:RgsC25+c.net
そんなんで復活できるわけないだろ、頭悪すぎるだろ
データとして保存できるならコピーすれば複数の自分ができるがどれが自分なんだ?
しかも生きてたってデータ取れる可能性あるだろ
そんなの自分じゃねーよ、ほんと、科学バカって視野が狭い
35:名無しさん:2019/03/17(日) 17:59:22.52 ID:02R1mMh4.net
金魚の実験みたいに
瞬間的に冷凍した方が
上手くいきそう
39:名無しさん:2019/03/17(日) 18:04:32.55 ID:Qh7rRdec.net
脳をコピーする技術はいずれ開発されるだろう
でも自我を捨てる能力を身につけておかないと、
コピー元とコピー後とに分裂して別々の人格が発生するだけだからなぁ

それを区別しない精神的レベルに達したなら、
次は自分と他人の人格を区別しない段階へ進化する
だって自分の自我を捨てちゃったんだから、他人との区別も意味ないって気づくからな

そこまで行き着くと、超統一生命体としての人類は肉体のくびきから解放されて、
宇宙のどこにでも行けるようになるってわけさ
41:名無しさん:2019/03/17(日) 18:24:33.27 ID:2+jgJAJF.net
1960年代からあるよなSFだけど
自分は体なくなるなら死にたいわ
44:名無しさん:2019/03/17(日) 18:34:15.26 ID:VTdse23h.net
ラノベの「ソードアートオンライン」でもあったな。
脳をスキャンしてコピーは電脳世界で生き続けたけど、
本人はスキャン時に脳を焼き切られて死んでいるってやつ。
45:名無しさん:2019/03/17(日) 18:36:51.50 ID:2+jgJAJF.net
脊髄損傷と同じ状態だろ?
人類のためなら脊髄の再生に力いれてほしいわ
47:名無しさん:2019/03/17(日) 18:55:30.86 ID:6cyUiaeK.net
ロボコップ2のあれ
49:名無しさん:2019/03/17(日) 19:21:35.00 ID:KULHiF98.net
>>1
逆に脳なんて無くても生きていけるのかも知れんよ
首無しマイクという実例があるし

50:名無しさん:2019/03/17(日) 19:33:15.57 ID:9eEJcHFI.net
順列都市?
あっちは、記憶だけじゃなく身体のシミュレートもやってたけど

108:名無しさん:2019/03/18(月) 04:37:26.66 ID:32b2HE1g.net
>>50
もっと前にいろいろある
第一次VRブームの頃から
54:名無しさん:2019/03/17(日) 19:47:44.84 ID:ZmU6iBzT.net
>>1
解凍して動き出したらまた普通に寿命を消費していくわけだし寿命を中断するだけだろ
いずれにせよ一旦「死ぬ」のと変わらん
60:名無しさん:2019/03/17(日) 20:51:43.85 ID:rtVPzTWj.net
認知症やらコンビニにつっこむボケ老人見ろ
脳みそにも寿命がある
脳だけなら永久に生きられるとかいうの中二病までだ
63:名無しさん:2019/03/17(日) 21:09:17.69 ID:Akn+7Sts.net
脳の記憶をハードディスクにバックアップするほうが現実的
別の脳にインストールするだけ
65:名無しさん:2019/03/17(日) 21:17:01.52 ID:nRXGvlnn.net
「脳」を永久保存する技術があったとしても、保管し管理する「企業の寿命」の方に
不安があるわな。
72:名無しさん:2019/03/17(日) 21:43:47.11 ID:w4FMFEkO.net
>>65
てか、経営者の倫理観に不安が…
89:名無しさん:2019/03/17(日) 23:58:57.54 ID:ifaDTYdv.net
何百年も企業を存続させることも難しいからな
倒産したら誰も何の責務も負わないし
倒産じゃなくても事業譲渡とかですら契約内容の変更とかありうるだろうし
86:名無しさん:2019/03/17(日) 23:42:03.63 ID:0brDaOv5.net
金を持ってる死に損ないから合理的に金を没収するシステム
例え誰かが遺産を引き継いだとしても集金出来るからな

生きている状態で脳を取り出し永久保存、未来で復活させるビジネス誕生
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1552804698
関連記事

おすすめ記事

コメント

14576

冷凍保存の次はこれか
若い血液もそうだけど、よくこんな胡散臭いのがビジネスになるな
アメリカ人ってバカなん?

2019/03/19 (Tue) 10:55 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する