HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事

昔の医療、怖すぎ!これ拷問だろwwwwwwwwwwwww

1:ニカワ ★:2016/08/28(日) 02:22:04.31 ID:CAP_USER9.net


聞いただけで背筋が寒くなる"古代の医療"について、動画サイト<Facts Verse>が紹介している。

1800年、ドイツの外科医ジョー・ハンド・フリードリッヒ・ダイヴォンバック医師は「"吃音"は咽頭に原因があり、舌の長さが影響している」と考えた。そして、吃音は舌の一部を切除すれば治るという考えに基づき、ドイツやフランスで何百人もの患者に麻酔無しで手術を行い、多くの患者が出血死したという。

中世では"痔"を治療するために、医師が赤くなるまで熱した鉄の棒を直腸に挿入していたらしい。焼いた鉄の棒による治療を受けたくない場合は、かつて僧が座ったところ痔が治ったと言われる石の椅子に座るように言われたとか。のちにギリシャの内科医によって「入浴する」というマトモな治療が提案された。

1912年、アスピリンで有名な<バイエル>は、子どもの咳を治すために麻薬のヘロインを販売していた。当時の広告には子どもが薬瓶に手を伸ばす、または親がスプーンで飲ませる絵が描かれていたようだ。のちにヘロインに中毒性があることが判明し、使用禁止になった。

古代ローマでは、歯のホワイトニングに尿が使用された。尿に含まれるアンモニアの洗浄効果が注目され、人々は歯を白くするために人間や動物の尿で"うがい"をしたという。

3千年前にエジプトで始まった瀉血(しゃけつ:血液を排出することで症状の改善をはかる治療法)は、ギリシャ、ローマ、アラブ、アジア、ヨーロッパに広がり、19世紀に最も盛んに行われていた。人間の身体は、血液、胆汁、黒胆汁、粘液によってできていると想像されていたので、病気の時は血液を抜いてバランスを保つことが必要だと考えられていたようだ。当時は医師が血を抜くか、ヒルを使って吸血していた。その後、研究により血を抜くことはむしろ健康に悪いと判明した。

古代バビロニアでは、病気は悪魔の力や神の罰によってもたらされると考えられており、医師がわりの僧侶や祈祷師が魔術的な治療を行った。たとえば、歯ぎしりをする患者は亡くなった親族の幽霊がコンタクトを取ろうとしていると考えられ、1週間にわたって人間の頭蓋骨と一緒に寝て、一晩に7回頭蓋骨にキスをするように言われたとか。

そして最も恐ろしいのは"食人治療"だ。世界にいくつか例が見られるが、かつてローマでは戦死した剣闘士の血はてんかんに効くと考えられ、12世紀にはエジプトから盗まれたミイラで作った粉薬が販売されていた。17世紀のイギリスではチャールズ2世が砕いた人間の頭蓋骨とアルコールから作られた液体を飲んでいたとか。死者の身体と魂を取り入れることで健康になると考えられていたようだ。

【参照リンク】



http://news.aol.jp/2016/08/27/medical-treatments/
5:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 02:27:25.59 ID:RRiQtjow0.net
今の医療も
未来人から見れば
ぞっとするような内容だと思うよ
172:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 08:20:30.31 ID:T1nv1IZn0.net
>>5
多分いくつかはそうだろうね
149:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 07:39:24.00 ID:nP1gZrlp0.net
>>5
ヘルニア治療でいちいち切開してたとかな
187:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 09:15:38.29 ID:S2bzkYN50.net
>>5
メスで体を切り開いてたなんて恐ろしい!
俺は今でもこれが恐ろしいもん・・。

ほんの20年前とか、麻酔もせず歯をガリガリ削ってたのは
あれは紛れもなく拷問だったな・・。
265:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 13:45:11.60 ID:2Gj/d84d0.net
>>5
「刃物で腹を切り開いて病変部を切り取った後縫い合わせる?マジ基地www」
「ガン細胞殺すのに放射線浴びせる?引くわー…」
とか言われてそう
46:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 03:04:21.99 ID:C+t2vF6m0.net
>>5
未来の歯医者はどんな感じだろ?
麻酔の入ったエナメル構築剤のカプセルを虫歯に被せて10分ほどで外したら元通りとかになってたりしてなww
16:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 02:36:09.37 ID:LehBfVz/0.net
>>5
虫歯の治療は虫食い部分をドリルで削り取り空いてしまった穴は型を取り金属を代わりに埋めていた。
64:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 03:10:35.62 ID:TDNtoCnb0.net
>>16
もう金属じゃなくて強化プラスチック詰めてるしなあ
136:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 06:58:47.46 ID:w3DxfnSP0.net
>>5
未来の主流は自己再生能力を促進させる免疫活性剤投与と修復させるナノロボットのコンボ。
1%の上級国民のみ医療を受けられ99%の下級人間は能力に秀でる者を除き大半が20歳で処分される。
209:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 10:42:40.64 ID:nDGmJbhu0.net
>>5
人工透析なんて恐ろしく面倒だけどどこまで進化するかな。
166:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 08:09:35.58 ID:Poy5mJQ60.net
>>5
「スタートレックIV 故郷への長い道」だな
ドクターマッコイが「透析?なんという原始的な」つって
ベッドのおばちゃんに錠剤あげると腎臓が再生してたりして
171:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 08:18:48.16 ID:Poy5mJQ60.net
>>166
Star Trek IV: Zuruck in die Gegenwart - Hospital



あったあった
363:名無しさん@1周年:2016/08/29(月) 03:46:17.31 ID:snkhAiuP0.net
>>166
錠剤で腎臓が再生するほうが非科学的だろw
なんで胃と腸で吸収して腎臓が再生するんだよwww
385:名無しさん@1周年:2016/08/30(火) 23:04:26.18 ID:KcxwMfoW0.net
>>363
ナノマシンだろw
62:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 03:10:25.87 ID:2BtG192I0.net
>>5
昭和時代までの部活やスポーツ練習中に水分摂取は禁止!とか言われていたけど
あれも凄かった思想だよな。
当時は水分補給すると余計にバテて体に悪いと言われていたけど全くのデタラメで
実際は熱中症がますます酷くなって死の道へ急行だから。
161:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 07:58:12.99 ID:eFkgKCVb0.net
>>62
余計にバテるからとかではなく、水なんか飲むのは『軟弱』だからだよ
359:名無しさん@1周年:2016/08/29(月) 02:30:00.75 ID:snkhAiuP0.net
>>62
それは陸軍が大陸で行軍しているとき
途中のその辺の水を飲むな(病原体の塊だからな)が
なぜか改変されて運動中は飲むなて脳筋の間で広まった。
まあ、うさぎ跳びが何も意味がないのと同レベルだなw
6:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 02:27:59.97 ID:YIw7Tcck0.net
子供の頃に読んだ「学研の学習」で
頭頂部に直径五センチほどの穴の開いた頭蓋骨の写真があった。
古代の脳手術の跡だそうだ。
53:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 03:07:00.66 ID:MjkiMd0XO.net
>>6
開きっぱなしだったんだっけ
168:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 08:13:38.74 ID:ZmKUI1mt0.net
>>6
見た見た。
手術風景も、患者をうつぶせに寝せて、手足を押さえつけて、頭を石包丁?みたいなのでゴリゴリ穴あけてるような絵だった気がする。トラウマになりそうだった(´・ω・`)
233:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 11:41:03.21 ID:0117T24t0.net
>>6
鈍器で殴る戦闘で鬱血したのを出しただけだろ
244:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 11:53:40.41 ID:gHKKZyw00.net
>>6
インカ帝国のやつだな
これはのちに>>233だと判明したけど
7:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 02:28:25.97 ID:mKKttymt0.net
古代じゃなくて、19世紀以前の医療と言うべきだろう
298:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 19:26:36.58 ID:u/pk/utC0.net
>>7
長い人類の歴史の中で、ここ最近数十年が俺たちの考えるまともな時代であって、
それ以前の人類って本当に悲惨だね。
現代人の幸福さかげんって、人類史で見たら本当にレアな体験なんだね。
10:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 02:31:41.49 ID:9wzSYRnq0.net
ロボトミーはつい最近まで行われていた。
383:名無しさん@1周年:2016/08/30(火) 22:51:40.95 ID:b9yWG6Ab0.net
>>10
古代の人を笑ってる場合じゃないよね
15:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 02:33:48.88 ID:yyy/wl5x0.net
瀉血って身体に悪いんだ
いまだに聞くから効果あるのかと思ってたわ

§瀉血(しゃけつ)


瀉血(しゃけつ)とは、人体の血液を外部に排出させることで症状の改善を求める治療法の一つである。古くは中世ヨーロッパ、さらに近代のヨーロッパやアメリカ合衆国の医師たちに熱心に信じられ、さかんに行われた。だが、現代では実は医学的根拠は無かったとされる。

現在の瀉血は限定的な症状の治療に用いられるのみである。方法としては17ゲージ前後の注射針を血管に穿刺・留置してチューブを通し吸引機を使用して血液を抜き去る。

https://ja.wikipedia.org/wiki/瀉血
225:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 11:23:05.38 ID:mSpB3WIm0.net
>>15
馬で笹針ってのを使ってやってると漫画で見た
235:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 11:42:41.94 ID:aSUFXuBj0.net
>>15
> 瀉血って身体に悪いんだ
> いまだに聞くから効果あるのかと思ってたわ

病気によっては効果はある。
ある種の肝臓病とか。
19:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 02:36:37.38 ID:ea1EYnP90.net
瀉血に関しては、「カントンの犬」で検索するといいよ
「イングルウッド病院」もいいかも
17:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 02:36:29.36 ID:ZQW3c8l70.net
「ガンが死因の一位とか、平成人は池沼か?」と未来人に言われることだろうよ
26:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 02:50:21.57 ID:JTZ/BABS0.net
>>17
根治の方法が確立している結核やコレラすらいまだに過去の病気とはいえないからそれはないな
23:名無しのリバタリアン(英米系保守派):2016/08/28(日) 02:42:39.70 ID:0xonfjOw0.net
末期患者に安楽死もさせず死ぬまで生かし続けとく現在の医療制度が拷問ジャナイみたいな言い方だな。
25:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 02:45:27.48 ID:A/mlmtZDO.net
あれ、でも第二次ぐらいまでは麻酔なしでの手術だったような
30:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 02:52:52.84 ID:JTZ/BABS0.net
>>25
麻酔もいわゆる全身麻酔については、いまだに原理が不明ってのがな・・・
34:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 02:56:41.60 ID:2L0zaUFb0.net
鍼灸は古代医療が現代まで続いてる稀有な例だのう
43:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 03:01:56.27 ID:JTZ/BABS0.net
>>34
5000年前の遺体から鍼灸治療をしてたと思われる痕跡が見つかったんだっけか。
37:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 02:59:28.20 ID:u3HKZRca0.net
食人治療はまだ隣の国で続いてるしな
赤ちゃんカプセルとか輸入してた
38:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 03:00:01.26 ID:r7DOdJKc0.net
囲碁に熱中することで痛みを感じなくする=麻酔
48:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 03:05:52.22 ID:cA2X6BFF0.net
>>38
関羽かよ
55:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 03:07:14.92 ID:r0tjAOcL0.net
一方、日本では漢方薬としてミイラを輸入していた。
362:名無しさん@1周年:2016/08/29(月) 03:33:17.12 ID:sIlF/5IE0.net
>>55
最初は掘り出したミイラを売ってたけど、そのうちそこらの死体で大量生産するようになったから
古いものは布目があり乾燥している 新しいものは布目がなく湿り気があるとか記述が残ってるのなw
56:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 03:07:31.43 ID:pFIDbmC+0.net
カッピングって効果あるの?

cupping.jpg
77:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 03:27:30.63 ID:sFNcAGOD0.net
>>56
あるんじゃない
57:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 03:07:52.06 ID:AUq/DzAl0.net
ふぐの毒は患者の首から下を地中に埋めて一晩おけば抜ける
もし死んでもそのまま全部埋めてしまえばいいので手間が省けます
132:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 06:23:10.49 ID:UUJT77nG0.net
>>57
それ、助からないからさっさと埋めちまえ、ってことだよ
58:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 03:08:27.99 ID:QwDbliB10.net
今だって根拠の無い治療とか健康食品おおい
63:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 03:10:25.88 ID:hRrm9ifL0.net
平成の今でも宗教団体がよく似たようなことやってるじゃん
49:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 03:06:02.19 ID:SQifVorcO.net
こんな失敗を経て今の医療があると思えばいいんだよ
失敗無くて事が進む事は無いんだから
61:名無しさん@1周年:2016/08/28(日) 03:09:52.75 ID:xMtM1dQ50.net
>>49
そうだよ、未来の為にお前も犠牲になれ

昔の医療、怖すぎ!これ拷問だろwwwwwwwwwwwww
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1472318524
関連記事
スポンサーサイト

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する